フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

伊坂幸太郎さんの『クジラアタマの王様』を読んでみた

生まれて初めて伊坂幸太郎さんの作品を読みました。天才の名を欲しいままにしている才能の塊の作家さんなので、とっても期待していたんですが、この作品は読み進めてもいつになったら僕が期待する面白いところが始まるのかわかりませんでした。 伊坂幸太郎の…

喜多川泰さんの『運転者』運を転ずる者からのメッセージ

友人の紹介の本は間違いないです 『運転者』内容紹介です あわせて読んでいただきたい僕の読書ブログ 友人の紹介の本は間違いないです ブログ友達の山内さんが、とても良かった本として紹介されておられました。そして、たまたまリアル書店に行ったときに、…

お金って何だろう?一瞬で人生を変えるお金の秘密『happy money』

夏休みに読んでおきたい本です あわせて読んでいただきたい僕の読書ブログ記事 夏休みに読んでおきたい本です 僕は社会人になる前の息子に本田健さんの『大富豪からの手紙』をプレゼントしました。それは、決してお金持ちになりなさいという意味ではなくて、…

突き抜けるために必要なのは「ハッタリ」だ!『ハッタリの流儀』

それでも僕たちは生きていく 『ハッタリの流儀』内容紹介 僕の読書後の引っかかりは、こちらです あわせて読んでいただきたい僕の読書ブログ それでも僕たちは生きていく これからどんなに時代が変化しても、AIが僕たちの仕事を奪っても、僕らは楽しく生きて…

行動経済まんが『ヘンテコノミクス』が面白いです

この本は読んでおこうと思って、東山の「ON READING」という伝説の本屋さんで購入して来ました。この本屋さんはとても解りにくいところにあるのですが、僕は名古屋市民ではないのに3回ほど行ってます。機会があったら是非ともお立ち寄りください。 onreading…

僕たちの生活に何の関係もない数学を知りたいという欲求を満たす本

僕は『渋滞学』を読んで以来、西成先生のファンです。本当に面白くて素敵な先生です。特に面識はないですが、なんとなく漠然と嫌なものの一つとしてとらえていた渋滞を論理的に僕に落とし込んでくれたので、巻き込まれても腹も立たなくなりました。今回は『…

会社経営が気になる全社員必読です!『会社のお金を増やす 攻める経理』

この本すごいです。キンドル版は¥300ほど安くなっていますので、そちらで読んだ方がお得かと思います。僕は少しだけ経理を経験したので、痛いほどこの本の内容がわかりますし、世の中の経営の方々はよく理解されていると思います。必読本です。 会社のお…

『売上を、減らそう。』本当に追うべきものが見えてくる!

著者さんからのメッセージです 章別構成の紹介はこちら! あわせて読んでいただきたい僕の読書ブログ 僕たちの未来にとって大事なことは一体何か?よくよく考える時期が来てますよね。最近、問題解決に向かってまっすぐに走ることが良しとされた時代から、寄…

【デジタル版無料】ビジネスの天才の発想はぶっ飛んでます!『実験思考 世の中、すべては実験』

『実験思考』内容紹介 『実験思考』章別紹介です あわせて読んでいただきたい僕の読書ブログ 「所詮、実験ですから!」そんな思想を持って全てのことに立ち向かえば、初動が早くなってバリバリ行動出来るようになります。僕たちも一歩が踏み出せないことで、…

生産性って、なに?『なぜ日本の会社は生産性が低いのか?』

もはや先進国最低レベルに堕落してしまった日本のカイシャの生産性。蔓延する長時間労働、個人に膨大な仕事量を求める会社、それでも給料が上がらないのは一体なぜなのか?働けど働けど報われない…そんなあなたに効く最高の処方箋! 僕もよく考えます。どうし…

GWに読みたいビジネス書『たった一人の分析から事業は成長する 実践 顧客起点マーケティング』

ゴールデンウィークに読みたいビジネス書のナンバーワンはこの本です『たった一人の分析から事業は成長する 実践 顧客起点マーケティング』いかがでしょうか?この本、見ているだけで読みたくなってきませんか?僕はドキドキしてきます。この本、どなたかの…

 『Beyond Human 超人類時代へ』

こういう本を読んでおくと良いんじゃないかな?っていう提案です。『Beyond Human 超人類時代へ』は、医療技術の進化により人類はどう変わるかということを書いた本です。最先端医療により不老不死は現実となるのでしょうか?僕は案外なっちゃうような気がす…

「給食嫌い!」だけど読みたい本

この本、売れてます。僕は「売れるだろうな!」と目をつけていた本なので売れて嬉しいです。でも、僕の本音をいえば給食嫌いです。今は美味しく飲める牛乳が美味しくなくて、毎日苦痛だったんですよね。出来ることなら違うものを飲みたかったです。それはさ…

お金に好かれる人になる法則あります『お金が貯まるのは、どっち!?』

「お金」という言葉で始まっているし、プレーンな表層だし、どうなんだろうなぁと思って手に取ったのですが、思わず唸ってしまうほど良い本でした。息子が社会人になったので、再度購入して読ませてあげようと思って本日ポチりました。元銀行員だった筆者さ…

不器用な生き方でも良くない?ヨシタケシンスケさんの『このあと どうしちゃおう』

この本を描いたヨシタケシンスケさん。お母さんを長い闘病生活の末亡くし、お父さんを突然死で亡くしたんだそうです。準備された死と突発的な死。彼は、死についてもっともっと向き合って話し合う時間がみんなにも必要だと強く感じたそうです。その彼をさら…

Pen with new attitude 『泣ける絵本』

年に一回くらいのペースで『Pen(ペン)』を買います。最近の雑誌は情報量が尋常ではないくらい多くて嫌というほど楽しめます。今回のお題は「泣ける絵本」僕もすごく泣きたい気分なので、是非是非良い絵本を紹介してもらいたいです。 何回泣けるといったあ…

480分しかない1日を無駄にしないための本『仕事は「段取りとスケジュール」で9割決まる!』

一日は480分しかないと、わかってはいるのですが効率的に仕事を進めるのは難しいですよね。一日8時間と聞いてもピンとこないのですが、480分と聞くと「そんなに少ないのか!」と、驚いてしまいます。もっと大事に使わないといけないですよね。そんな…

50代のおっさん高嶋政宏の『変態紳士』

こんな本を読んで良いのかと思ってしまうようなタイトルと表装なんですけど、絶対に僕は読みます。読まずに死ねるかという言葉はこの本のためにあるようなものです。高嶋政宏さん、大丈夫なのか?と思っちゃうけど、絶対に大丈夫だと思います。彼がどうなっ…

『未処理の感情に気付けば、問題の8割は解決する』

偶然、手に取った本なのですが、あまりに良かったので何度も読み返そうと思います。城ノ石ゆかりさんが書いた『未処理の感情に気付けば、問題の8割は解決する』です。新刊でもないしバカ売れ本でもないですが、ずっと読み継がれる本のはずです。お金がない…

エンリケ♡こと小川えりが教える『日本一売り上げるキャバ嬢の 億稼ぐ技術』

昨日、三省堂の高島屋店に行って面白そうな本を物色しておりましたら、お店が総力をあげてこの本を売ろうと山積みにしてました。小川えりさんの容姿もさることながら、表紙の黄色い帯も手伝ってめちゃめちゃ目立っていました。タイトルも面白そうです。『キ…

夜の世界・暴力とハラスメントの現場をリアルに書いた本『キャバ嬢なめんな』

僕の友人のS君はとっても良いやつです。特徴はお酒を飲むのが大好きで、さらに女子が大好きだということです。僕はお酒が飲めないのでなかなかお付合い出来ないのですが、それはそれは嬉しそうにお酒を飲んで女子を眺めております。どうしてもと頼まれて、一…

渾身のノンフィクション!『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発の五〇〇日』

先週の日曜日に友達になったばかりの子が「この本も良いですよ」と教えてくれたので、僕の読書ブログで紹介しておきたいです。こういう流れで出会った本は間違いなく良いので、絶対にオススメですね。タイトルも表紙も間違いなく良い感じです。福島第一原発…

仕事ってこうやって取り組めば良いんじゃない?『24歳の僕が、オバマ大統領のスピーチライターに?!」

「オバマ前大統領のスピーチライターはスタバで原稿を書いている」こんな話を聞いたことありますよね。僕も自宅では集中できないので、ブログ記事はほとんどカフェで書いているから、その気持ち痛いほどよくわかります。そういうものですよね。機密文書なら…

『誰が「橋下徹」をつくったかー大阪都構想とメディアの迷走』松本創を読もう!

昨日に続きまして、松本創さんの本を紹介します。ちょっと注目したいノンフィクションライターさんです。こういう作品を書き上げるのは、並々ならぬ努力と根性がいると思うので尊敬します。さらには、こういう文章が読めて幸せです。松本さんのプロフィール…

じっくり良い本を読みたい人いませんか?この本をオススメします『軌道』

電車は自分が考えているよりも安全ではないのかも知れないと思わせたのが、2005年に起こったJR西日本の福知山線脱線事故だった。僕自身も、この電車に大阪に出張した時にはよく利用していたので、背筋が寒くなる思いだった。しかし、市街地を高速で走り抜け…

人間関係に悩んだら読もう『頭に来てもアホとは戦うな!」

ここ1ヶ月くらいアホと戦っていて、ほとほと疲れました。結論として「アホなんか相手にしたらいかんな」ということになって、さっさとその仕事から手を引きました。本当に時間がもったいなかったです。その時にこの本を思い出しました。 頭に来てもアホとは…

ビジネス書トップ10(三省堂書店名古屋高島屋店調べ)2019年2月24日〜3月2日

ビジネス書が好きなみなさん、恐ろしいくらいの勢いで大量の出版物が出ているので嬉しいですよね。素敵な世の中です。僕も本当は本屋さんに並んでいるものを手当たり次第に読んで、欲求を満たしたいのですが、なかなか良い本に巡り合わないですよね。そんな…

死後の手続きはこんなに大変です『おとなの週刊現代2019 vol.1』

こんなムック本が売れに売れているそうです。『おとなの週刊現代2019 vol.1 死後の手続きはこんなに大変です』前にもこのタイプの本がベストセラーになっていましたよね。僕たちの不安と知りたいという欲求をうまく突いた本ですね。 『おとなの週刊現代2019 …

『たいせつなきみ』他人の評価で右往左往しない心を作ります

今日は絵本を紹介します。僕は何十回もこの絵本を読み返していますけど、読むたびに今の自分に新しい気づきを与えてくれるすごい絵本なのです。是非とも読んでいただいて「自分」についてよく考えていただきたいと思うのです。オススメします。 『たいせつな…

450万枚のDVDを売り上げた「水曜どうでしょう」の演出家が働き方を語る

「水曜どうでしょう」このステッカーを貼った車をよく見かけます。一体、何なんだろうか?と疑問に思っていたんですが、テレビ番組だったんですね。一度も見たことはないのですが、さぞかし面白い番組だったに違いありません。見てみたいものです。この番組…