読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

【役立つビジネス書】経営の原動力はここにある!稲盛和夫の『京セラフィロソフィ』

f:id:fumihiro1192:20170527100309j:plain

読了後の感想は「想像以上の凄い本だった」という言葉に尽きます。働く人すべての人に読んでいただきたいです。すべてが自分に当てはまるわけではないですが、個々の力を最大限に発揮して総合力で勝つ経営はどんなものなのか理解出来ると思います。

今日の本は稲盛和夫さんの『京セラフィロソフィ』です。

まずは稲盛和夫さんの紹介

稲盛和夫(いなもり・かずお)
1932年、鹿児島県生まれ。鹿児島大学工学部卒業。59年、京都セラミツク株式会社(現・京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年より名誉会長。84年に第二電電(現・KDDI)を設立、会長に就任。2001年より最高顧問。
10年には日本航空会長に就任し、代表取締役会長を経て、13年より名誉会長。1984年に稲盛財団を設立し、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった人々を顕彰している。また、若手経営者が集まる経営塾「盛和塾」の塾長として、後進の育成に心血を注ぐ。
主な著書に『生き方』(小社)、『従業員をやる気にさせる7つのカギ』(日本経済新聞出版社)、『成功への情熱』(PHP研究所)、『人生と経営』(致知出版社)、『ど真剣に生きる』(NHK出版)、『人生の王道』(日経BP社)、『君の思いは必ず実現する』(財界研究所)、『働き方』(三笠書房)、『燃える闘魂』(毎日新聞社)などがある。

www.kyocera.co.jp

京セラフィロソフィ

京セラフィロソフィ

 

 

 『京セラフィロソフィ』内容紹介

 

フィロソフィは「人間として何が正しいのか?」「人間は何のために生きるのか?」という根源的な問いに真正面から向かい合い様々な困難を乗り越えていくうちに培ってきた仕事や人生の指針だそうです。これは京セラを今日まで発展させてきた原動力とのこと。こういうこと知りたいですよね。

経営は最後にはここに行き着くのではないかと思います。良書です。

 

 

美崎栄一郎さんの『枠からはみ出す仕事術』を再読してみました!

f:id:fumihiro1192:20170520173206j:plain


仕事は、大変だと思います。そもそもの悩みは、仕事を指示してくれる上司との相性です。ここが合うか合わないかで、日常が変わってきます。僕は幸いにも上司に恵まれてきたので、良かったですが、そうでなければ大変なことになっていたと思います。

良かったのかは解りませんが、僕は今の所こうやって好きなブログを書きながら会社員としての生活を両立させてます。もちろん、会社では飛び抜けた成果を出しているわけでもないですし、社長になれそうもありません。でも良いかなって思います。

「君はいつも楽しそうだね!」と、よく先輩や上司から言われます。自分の実力がよくわかってきたので、無理をせずに力で捻じ伏せようとかしていないところが良いのだと思います。さらには周囲に歩調を合わせようとも考えていません。

そういう僕の仕事に対するスタイルは、この美崎本に影響を受けたと思われます。
今日は『枠からはみ出す仕事術』を再読してみます!

枠からはみ出す仕事術

枠からはみ出す仕事術

 

『枠からはみ出す仕事術』章別構成です

  1. プロローグ
  2. まずは、流れから外れてみる
  3. 「好き・嫌い」を大いに持ち込む
  4. なんでも分解するクセをつける
  5. 仕事の「足あと」を記録する
  6. 自分のスキルを公開する「場」をつくる
  7. おわりに

『枠からはみ出す仕事術』僕の引っかかり

以前、読んだときには気がつかなかったのですが、僕もこの本に書かれているように、ノートに公私をつけるのをやめました。その方が、オンオフなしに勉強が出来るからです。変に線を引く事が無駄に思えて、同じのーとを使うようにしたのは正解でした。

基本、縦に使うのが「会社」横に使うのが「プライベート&勉強」と決めました。特に混乱する事はありませんし、雑に使えば使うほと後で検索するときにスピーディに探す事ができます。ここはとっても良かったと思ってます。

仕事って、みんなと同じでなくちゃとか、ここまでは出来ていなくちゃとか、自分で勝手に厳しい基準を設けてしまうと辛いんですよね。それよりも、自分の良いところを最大限に引き出して、そこを組織にどう噛み合わせていくかが大事です。

そういう意味でこの本に書いていることを、少しでも実践すると世界が変わりますよ!

合わせて読んでいただきたい僕の読書ブログ

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

【失敗の本質:総合電機版】どこで道を間違えたのか?大西康之著『東芝解体 電機メーカーが消える日』

東芝解体 電機メーカーが消える日 (講談社現代新書)

巨大な負債を抱え、会社解体の危機に喘ぐ東芝――かつて日本企業を代表する存在だった総合電機が軒並み苦境に陥っている。東芝・ソニー・日立ほか大手8社の歴史や経営を詳細に分析することで日本の総合電機がはまった巨大な陥穽を描く。名著『失敗の本質』総合電機版とも言える1冊。

日本を代表する超優良メーカーであった「東芝」が、決算発表もままならない会社になってしまいました。働いている人に罪はないと思うし、こんなに急激に会社って変わるものなんだろうか?という疑問が残ります。でも、事実なんですよね。

もちろん、我々も働いている立場として対岸の火事ではないです。さらにいえば、いつ何時自分の身に降りかかってくるかわからないような事ですよね。しっかりと失敗の本質を把握して、我が身に置き換えておかなくてはなりません。戦争と同じようにね。

そういう意味で、今読んでおくべき本であると思います。

東芝解体 電機メーカーが消える日 (講談社現代新書)

東芝解体 電機メーカーが消える日 (講談社現代新書)

 

『東芝解体 電機メーカーが消える日』担当者からの挨拶文

日本の電機メーカーはいつから総崩れになったのだろう。私が社会人になった1990年代前半、プレイステーションが売れに売れていたソニーは超人気企業だった。東芝のダイナブックやシャープのアクオスのように「あ、かっこいい」と思ってボーナスで衝動買いした製品も多い。総合電機、大手電機の隆盛はずっと続くのだと思っていた。
ところが昨今の低迷ぶりはどうだ。パナソニックで携帯電話の設計に携わっていた親友は突然業務の縮小を命じられた。超人気企業だったソニーに入社した知人も大リストラの余波ゆえか、海外に出向したまま帰ってこない。シャープはもはや日本の会社ではないし、東芝にいたっては、原発事業でつくった莫大な借金返済のために、家電をはじめ、売れそうな部門を片っ端から売却した結果、絶体絶命の「解体」状態にある。ふたたび同じ問いを繰り返したくなる。日本の電機メーカーはいつから総崩れになったのだろう。

本書の著者であり、記者として長年電機業界を取材し続けてきた大西康之氏の答は明解だ。大半の電機メーカーは日本国内に築かれた、ある二つの巨大な「ファミリー」に属することではかりしれぬ恩恵を受け、そしてそのシステムこそが、結果的に総合電機を衰退させる原因にもなったのだという。「この構造を知らずに電機メーカーの凋落を真に理解することは難しい」と氏は語る。本書の序章はその「謎解き」「種明かし」となっている。
第1~8章では、東芝・NEC・シャープ・ソニー・パナソニック・日立・三菱電機・富士通――我が国を代表する総合電機8社をとりあげ、各社の歴史や経営を詳細に分析することで日本の総合電機がはまった巨大な陥穽を描いている。
あの名著にたとえるならば、『失敗の本質』総合電機版と言えるだろうか。(HA)

『東芝解体 電機メーカーが消える日』筆者大西康之さんの紹介

大西康之(おおにし・やすゆき)
ジャーナリスト。1965年生まれ。1988年早稲田大学法学部卒業、日本経済新聞社入社。産業部記者、欧州総局(ロンドン駐在)、編集委員、「日経ビジネス」編集委員などを経て、2016年に独立。企業や業界の深層を、人物を中心に描き出す手腕に定評がある。『稲盛和夫 最後の闘い』(日本経済新聞出版社)『ファーストペンギン 楽天・三木谷浩史の挑戦』(同)など著書多数。『会社が消えた日 三洋電機10万人のそれから』(日経BP社)は第13回新潮ドキュメント賞最終候補となった。最新刊は『ロケット・ササキ ジョブズが憧れた伝説のエンジニア』(新潮社)

合わせて読んでいただきたい僕の読書ブログ

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

【神社ってコンビニより多いの?】浜口倫太郎『神様ドライブ』で、神様を知ろう!

神様ドライブ

最近になって神社に行って手をあわせることが増えたように思います。神社は夢を叶えてくれますからね。恐ろしいほどのスピードで夢が叶っていく時には、もう少しゆっくりでお願いしますとか訂正にいったりするので、さらに回数が増えちゃいます(笑)

しかしながら、神社に来ている人は皆さん真剣ですよね。特に夜間に参拝される方は気合が入っていて、とても近づき難いオーラを発しています。あの勢いがあれば、お願いなんてなんでも叶うに決まっているような気がするんですけどね。

今日の本の紹介は浜口倫太郎さんの『神様ドライブ』です。とても良い本ですよ。

『神様ドライブ』内容紹介(アマゾン引用)

就職活動がうまくいかない休学中の大学生・みつるは、亡き父親そっくりの男・紡に声をかけられ、全国の神社を巡る旅に出る。途中で出逢った看護師ほのかも加わり、旅はいよいよ賑やかに。旅を続けるうち、紡が神社を巡るとした驚くべき理由を聞かされる。めまぐるしい冒頭から、心温まる中盤を経て、感動のラストまで--ノンストップのドライブをお楽しみください!
神社の数は全国に8万以上で、コンビニの数より多い。全国の神社は何のためにあり、どんな神を祀っているのか? お参りの仕方から鳥居の形の由来まで、この一冊を読めば神社のことがわかります。

乗ってる作家:浜口倫太郎さんの本を紹介します

22年目の告白-私が殺人犯です- (講談社文庫)

22年目の告白-私が殺人犯です- (講談社文庫)

 
廃校先生

廃校先生

 
アゲイン

アゲイン

 
([は]6-1)宇宙にいちばん近い人 (ポプラ文庫 日本文学)

([は]6-1)宇宙にいちばん近い人 (ポプラ文庫 日本文学)

 
シンマイ!

シンマイ!

 
([は]6-2)もういっぺん。 (ポプラ文庫 日本文学)

([は]6-2)もういっぺん。 (ポプラ文庫 日本文学)

 

合わせて読みたい僕の読書ブログ

 

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

 

【オススメの仕事本】沢渡あまねさんの『仕事の問題地図』と『職場の問題地図』

仕事の問題地図 ~「で、どこから変える?」進捗しない、ムリ・ムダだらけの働き方

沢渡あまねさんの『職場の問題地図』は、とってもためになりました。現在、僕の職場の中でも「読みたい!」という人がいて、僕のデスクに置いてあったこの本を隙をみて立ち読みしたりしています。おいおい、ちゃんと買って読みなさいよ(笑)

僕の友達の友達だったので、速攻Facebookで繋がっていただきました。

面白い人ですよ。こういう人柄が、本の売れ行きに繋がっているんだと思います。もう、何刷まで行っているのかわかりませんが、まだまだ売れる作家さんです。お楽しみに!それでは今日は『仕事の問題地図』を紹介しますね。

『仕事の問題地図』内容紹介

今日からつかえる働き方改革のバイブル!

「やることが多くて、そもそも最初から終わる気がしない」
「頼んだ仕事の進捗がまったくわからない」
「なんで自分がこんな仕事をしなくちゃいけないのか、さっぱりわからない」
「『他人の力を借りたら負け』だと思ってる」
「やり方を変えようとしても、他部署が抵抗してくる」
「問題があっても、空気を乱す発言はしない」
「同じ失敗を何度も何度も繰り返す」

そんな仕事のムダ、ムダな仕事はなぜ生まれる?
問題の原因を図解で示しつつ、解決策を教えます。

【巻頭付録】仕事の問題 全体マップ

職場の問題地図 ?「で,どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方

職場の問題地図 ?「で,どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方

 
仕事の問題地図 ~「で、どこから変える?」進捗しない、ムリ・ムダだらけの働き方

仕事の問題地図 ~「で、どこから変える?」進捗しない、ムリ・ムダだらけの働き方

 

この紹介した2冊とも「仕事に役立つ本」です。間違いないですよ。

合わせて読んでいただきたい僕のオススメ本紹介。

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

【読む価値絶大】糸井重里の『インターネット的』

f:id:fumihiro1192:20170504215348j:plain

糸井重里さんの『インターネット的』に、はまりました!良い本です!

僕はどうにも糸井重里さんが肌に合わなくて読まなかったんですが、すっかり見直しました。やっぱりすごい人ですね。この人の文章は読まなくては損だと思いました。連休中、ずっとハマっていますが、噛み砕いて自分のものにしたいです。

『インターネット的』内容紹介(アマゾン引用)

どうやら、十年以上経って話題になっているらしい。
じぶんで言うのもおかしいですが、読んだ方によれば
「いまの時代が予見されている」そうです。
「ぜんぶ、ここに書いてるじゃないか」なんていう
声もいただきました。 ――糸井重里

本書は、発刊から十年を経て、「まるで、予言の書! 」と
再評価の声が高まっている名著に、書き下ろしの
「続・インターネット的」を加筆し、文庫化したものである。
もとは、『ほぼ日刊イトイ新聞』を始めた当時の著者が、
インターネット登場後の世界について考察したものだが、
読む者は、この十年間に起きた変化の本質を、
そしてこれからのことまでをも、十年前のこの本によって
知ることになるだろう。

また本書で綴られる言葉は、パソコンすらいらない、
「消費者」なんていない、自分を他人にするゲーム、寝返り理論、
消費のクリエイティブ、妥協の素晴らしさ……など、普遍的価値を持つ。
糸井重里の予言的、そして普遍的なメッセージが詰まった一冊である。

 

インターネット的 (PHP文庫)

インターネット的 (PHP文庫)

 

 

合わせて読んで欲しい僕の読書ブログ

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

【注目の使える本】「まんがでわかる 伝え方が9割」僕らの想像を超えた良書です!

まんがでわかる 伝え方が9割


佐々木圭一さんの「伝えかたが9割」は、すごく参考になる良い本でした。実際に僕自身、仕事でもプライベートでも、依頼の仕方が非常に雑なことに気がついて改善することが出来ました。この本に出会う前よりも、大いに良くなったことを実感しています。

そんな名著を、新しい切り口で漫画版にした本が話題になっているので紹介します。

「まんがでわかる 伝えかたが9割」です。

まんがでわかる 伝え方が9割

まんがでわかる 伝え方が9割

  • 作者: 佐々木圭一,星井博文,大舞キリコ
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2017/01/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 「まんがでわかる 伝えかたが9割」内容紹介

「恋人ができた」「プレゼンが通った」…喜びの声続々!
人生が一変すると話題の『伝え方が9割』シリーズに
まんが版がいよいよ登場!

シリーズ90万部突破のベストセラー「伝え方が9割」のまんが版。
舞台はかつて一世を風靡した女性誌『BB(ビービー)』。
営業部から念願の編集部へと異動した舞だったが、「いつかは編集長になって社会を動かすようなトレンドを生み出す」という夢を抱きながらも、わがままな女優に振り回されたり、モデルの説得に苦労したり、デザイナーに手直しを却下されたりと思い通りにはいかない日々を過ごしていた。
そんな中、ある日立ち寄った書店で『BB』にダメ出しを続ける謎のオネエと遭遇。あまりに的を射たダメ出しの数々にぐうの音も出ない舞。そんな舞の姿を見たオネエ、マリアは、舞に「伝え方ひとつでノーをイエスに変えることができる」とアドバイス。最初は半信半疑のまま、マリアの言う通りに「伝え方」を変えていく舞だったが、実践するうちにどんどん結果が出始めて……。

楽しみながら読み進めていくうちに、「ノーをイエスに変える技術」「強いコトバを作る技術」が自然と身についていく実用面もさることながら、主人公の舞が思い通りにいかない毎日に四苦八苦している姿に共感したり、オネエのマリアから突きつけられる言葉の数々に思わずクスリとしたり、ときにはドキリとしたり……と、読んでいるだけで元気になれる1冊です。

すでに『伝え方が9割』『伝え方が9割 2』を読んでいる人にも、はじめて『伝え方が9割』シリーズを読む人にも楽しめるような内容となっております。


とっても良い本なので時間がない人は漫画で読むと良いと思います。時間短縮できますからね。お勧めします。

合わせて読みたい僕の読書ブログ

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp