フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

衝撃の必読本!『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』

f:id:fumihiro1192:20180909204505j:plain

最近、人生は実力も大事だけど、運も大事だなぁとつくづく思ったりすることが多い。さらには品性が大事だということがよくわかる。僕の会社生活の中でも実力があるにもかかわらず運がない人とかパワハラで失墜していく人もいる。

僕の会社はそれほど大きくはないので、この辺のことは予期できる。品性のない人は、そういう人であることがそもそも有名なので、「いつか失墜していくだろうなぁ」と周囲の人もそういう目で見ているし、かかわらないようにしているのだ。

そもそもせっかく良い大学を出て、良い地位にいるのに失墜していくおやじを見るのは耐えられないことだ。もう少し考えて生きていけば良いのにと思うが、まさに「運命」だから仕方がないのかも知れない。

そんなことをしっかりと書いた本が出たので紹介しておきたい。

『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』内容紹介

f:id:fumihiro1192:20180909204508j:plain

◆ウェブで5章分を公開中!

本書の最初の5章を、ウェブで無料で読むことができます。
「ふろむだ」で検索して出てきた一番上のリンクからたどれます。
ぜひご一読のうえ、ご購入ください。

◆発売2週間で9万部突破の大ヒット! !

伝説的なブログ『分裂勘違い君劇場』を中心に、
何百万人もの感情を揺さぶり続けたモンスター・ブロガーがついにデビュー!

実力を磨くよりも、はるかに人生を好転させる
「錯覚資産」とは何か?

誰もが一度は思う
「なんであんな奴が評価されるんだ! ?」の謎を解き、
「誰にでも使えるズルい武器」として解説する異色作。

本書を読み終えた後には、誰もが
人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている
というタイトルに納得しながらも、
そうした世界でどう生きるべきかを考え込んでしまうはずだ。

◆「興奮」と「目からウロコ」の声多数!

◇控えめに言って人生を変えうる悪魔の書なのでみんな読んだほうがいい
◇こんなに実用的な心理学の本は初めてだ!
◇「うわぁ」と声が出るぐらい面白かった
◇何度も読みかえすスルメ本になるだろう
◇控えめに言ってやばすぎ。読むだけで人生変わる本ってそうないけど、久々にきた
◇この本を今の歳で読めたことは、ものすごい幸運だった
◇“運"って、運用できるんだ! やらなきゃ!
◇本当に気持ちよく仕事をする方法が書かれた本だ
◇「錯覚資産」という概念はすごく面白くて、個人的には「悪いファスト&スロー」だと思ってます

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

 

 初版本が売り切れて、一番良い夏休みのお盆の頃に売ることが出来なかったくらいのすごい人気本だったということを今日聞いたけど、僕は偶然本屋さんでピンと来て購入しておいたのだ。本当に良かった。ぜひ、読んで欲しいです。

あわせて読んで欲しい僕の読書ブログ

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

英単語が芋づる式に身につく!『英単語の語源図鑑』

英単語の語源図鑑

 中学生の頃に読んだ森鴎外の小説の中に「語学を習得したかったら、どうして語源からやらないのかと首を傾げたくなる」というような一文があったように記憶している。その言葉を高校生になってから理解して英語が好きになった。

好きになったというよりは、英単語を芋づる式に覚えていったからだ。英単語さえ覚えてしまえば、英語は簡単な国語になるはずだったからだ。半分くらいは当たって、半分くらいは外れた。理由はヒアリングとかがあったからだ(笑)

でも、語源から語学を学習することは、語学を自分のものにする近道に違いない。僕は既に諦めて自動翻訳機が出るのを首を長くして待っているだけの男である。でも、これからの人はこういう本を読んでみると面白いと思う。

とても人気のある本なので、おすすめしたい!

英単語の語源図鑑

英単語の語源図鑑

  • 作者: 清水建二,すずきひろし,本間昭文
  • 出版社/メーカー: かんき出版
  • 発売日: 2018/05/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

『英単語の語源図鑑』内容紹介(アマゾン引用)

 <<大反響! たちまち15万部突破!>>

1単語につき1イラスト! ページをめくるたびに重要単語が頭に飛び込んでくる‼
本書は、「語源」を学び、超効率的に英単語を覚える本です。
「語源」とは、漢字でいう、偏(へん)・旁(つくり)・などにあたるもので、たいていの英単語は、次の3つの「語源」に分解されます。

【例】 injection(注射する)
⇒in(中に;接頭辞)+ject(投げる;語根)+ion(もの;接尾辞)
これらの「語根」「接頭辞」「接尾辞」をまとめて「語源」といいます。

ject(投げる)というイメージがつかめると・・・
・projectは pro(前に)+ject(投げる)⇒映し出す
・rejectは re(後ろに)+ject(投げる)⇒拒絶する
・ejectは e(外に)+ject(投げる)⇒排出する などなど芋づる式に語彙が広がります。

このように重要単語を語源に沿って分解し、語源の知識と語彙をイラストを見ながら身につけていきます。
一見、遠回りに思われる学習法かもしれませんが、語源の力によって1万語レベルの語彙が身につくことは、すでに語源研究によって実証されています。

【目次】
はじめに
語彙がケタ違いに増える「語源」学習法とは?
語源で学ぶ3つの効果
本書の構成

Chapter 1・・・ad-(~方へ、~の方を)
Chapter 2・・・con-, com-, co-(共に)
Chapter 3・・・de-(離れて、下に)
Chapter 4・・・sub-(下に)
Chapter 5・・・sur-, super-(上に、超えて)
Chapter 6・・・ex-(外に)
Chapter 7・・・pro-, pre-, for-(前に、前で)
Chapter 8・・・re-(再び、元に、後ろに)
Chapter 9・・・in-, im-, en-(中に、上に)
Chapter 10・・・ab-, dis-, se-(分離・否定・反対)
Chapter 11・・・un-, im-, in-, a-(否定)
Chapter 12・・・mono-, uni-, bi-, du-, tri-, multi-(数)

出版社からのコメント紹介(アマゾン引用)

読者からの声も続々届いております!

―日本語は考えながら覚えたのに
英語は丸暗記させられた日本の英語教育。
面白い発想の本だと思います。
イラストも大変良いです。(68歳男性・自由業)

―英単語だけでなく、「ただ暗記する」というのが
苦手なので、語源と合わせて覚えるという方法が
面白そうだし、覚えられるかもと思いました。
(46歳男性・技術職)

―新聞で見て面白そうだと思って購入しました。
今まで丸暗記するしかないと思っていたので
受験生の私には大当たりの1冊です!!(18歳女性・高校生)

―「覚える」というより「読む」単語学習本。
イラストも可愛くて、ぱらぱら眺めている
だけで、自然に英単語が頭に入ってきました。
(27歳女性・会社員)

ボケ予防に始めた英会話でどうしても英単語が覚えられなくて
困っていた所、この本の広告を見て思わず書店へ走りました。
語源メモがよく分かりやすく、良い本です。(69歳女性・主婦)

長年英語を学習しているが中々語彙が伸ばせなくなってきているため、
新しい視点で単語を見てみたいとずっと思っていた。
とても役に立ちます!(39歳男性・会社員)

 

youtu.be

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます。感謝です。

あわせて読んでいただきたい僕の読書ブログ記事です

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

製造業で生き抜くために!『第四次「町工場」革命を目指せ!Small Factory 4.0』

Small Factory 4.0 第四次「町工場」革命を目指せ!  IоTの活用により、たった3年で「未来のファクトリー」となった町工場の構想と実践のすべて

この夏休みに、良い本を見つけたのでこの読書ブログで紹介させていただきますね。製造業で働く全ての人に読んで欲しい本です。日本の製造業って、どうなっていくんだろう?そんな不安に答えてくれるかも知れませんよ。

先日、新聞を読んでいたら後継者がいなくて廃業する中小の製造業が後を絶たないと書いてありました。その数は年に何万社にも及ぶという話です。自分の子供に後を継がせたくない会社って、一体どういうことなんでしょうか?

「親会社からの値下げ要求や締め付けが厳しくて経営が成り立たない。こんな苦しい状態を自分の子供に味あわせたくない。」というのが本音みたいです。そうであるならば、日本の製造業は絶望的でしょうね。

しかし、日本の多くの人の雇用を支える製造業がそんなことで良いのでしょうか?一部の大企業だけが生き残るなんてことは、社会としてありえないですからね。まだまだ僕たちにもやれることはたくさんあると思いますよ。

そんな製造業の根源である「システム」「現場」「改善力」という切り口から町工場を変えようとした構想と実践が詰まった本です。

「システム」×「現場」×「改善力」から生まれた「誰にも真似できない」IoTシステム

筆者が代表を務める「i Smart Technologies株式会社」が開発した、
少ない初期投資で済み、古い設備でも導入でき、導入方法も簡単な
「製造ライン遠隔モニタリングシステム」について、
開発のきっかけからシステム成熟過程の詳細、そして本システムが企業全体に与える好影響など、i Smart Technologies株式会社の進める「Small Factory 4.0」に関するすべてを網羅した。

「Factory 4.0」という言葉がある。「第四次産業革命」と訳される。第一次は製造業に水や蒸気を機械の動力源に利用したこと、第二次は電気の利用による大量生産、第三次はコンピュータ制御による生産工程の自動化を指す。第四次は「製造業のスマート化」である。現在、先進各国だけでなく、世界中の国々がこの「Factory 4.0」の実現に取り組んでいる。
「スマート化」というと大企業が大きな予算をかけて取り組むべき問題だと思われがちである。しかし中小の町工場こそ「厳しい生存競争を生き抜くため」にこの革命が必要となる。実は「革命」だと大げさな言葉を掲げているが、簡単に言えば「生産ラインのIоT化による、生産性の向上」なのである。著者はこれを「Small Factory 4.0」と名付けた。本書タイトルの由来である。

著者は2013年にトヨタ自動車から旭鉄工に転籍。以来、全社を挙げてこの課題に取り組み、1少ない初期投資で済み、2古い設備でも導入でき、3導入方法も簡単な「製造ライン遠隔モニタリングシステム」を完成。さらに3つのコンセプトを変えることなく、最先端技術を応用してシステムのブラッシュアップを強力に推し進めた。
このようにして完成したシステムと運用ノウハウの提供を目的とした「i Smart Technologies株式会社」を設立し、国内100社以上にサービス提供をしている。
その実績が評価され、2018年に経済産業省主催「第7回 ものづくり日本大賞 特別賞」(ものづくり+企業部門)を授与。さらに同年、タイ王国工業省との間で「IoTモニタリング技術導入に関する覚書を締結するに至った。

 あわせて読んでいただきたい僕の読書ブログ

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

 

夏休み明けのメンタルがヤバい人に!堀江貴文著『自分のことだけ考える。』

(146)自分のことだけ考える。: 無駄なものにふりまわされないメンタル術 (ポプラ新書)

色々な事件がありましたけど堀江貴文さんの本は面白いです。何といっても誰にも気兼ねせずにブレーキなしで飛び出してくる文章や発言は迫力がありますよね。そこが一番の魅力であると感じています。ファンも多いわけですよね。

今日は、そんなホリエモンの本を紹介します。『自分のことだけ考える』です。炎上される者になれ!とか、成功は逆境から始まるとか、彼の生き方そのものですよ。夏休み明けのメンタルがやばい人におすすめします。

実は僕もガラスの30歳代の生き延びました。どうにも会社員としてやっていけそうになくて、何十回も辞表を出して辞めようとしたんですが「あれ?僕、辞めて何が出来るんだろう」と思い直して踏みとどまったんです。

それが良かったことか悪かったことかといえば、勇気がなかったので悪かったことだと思います。でも、そもそものその勇気を使えば会社員生活もうまくいったはずなんですけどね。そんなメンタルの弱い人には特効薬になると思いますよ。

(146)自分のことだけ考える。: 無駄なものにふりまわされないメンタル術 (ポプラ新書)

(146)自分のことだけ考える。: 無駄なものにふりまわされないメンタル術 (ポプラ新書)

 

『自分のことだけ考える』アマゾンの内容紹介引用

ホリエモン初のメンタル本! 思い込みを振り払え、炎上を恐れるな。
メンタルコントロールの極意49。
他人の目が気になる、人前だと緊張が止まらない、モチベーションを持続できない……。こうした心の悩みを抱え、自分のやりたいことにブレーキをかけてしまっている人は多い。無駄なものを遠ざけ、心をフラットに生きる方法。

※以下、本書の「はじめに」より一部抜粋

さて、ここであなた自身に問いたい。
「本当に、〝自分のことだけ〟考えて、生きていますか?」と。
こんなことを言うと「また堀江が自己中心的なことを言っている」と思われるだろう。
(中略)
〝自分のことだけ〟考えて生きる、という言葉に込めた思い――。
それは表面的に「自己中心的」「利己的」に生きる、という意味ではない。
つまるところ、僕らは「自分のことだけ考えて」生きるしかないのだ。
人は「自分のことだけ」に集中して、生きるしかないはずだ。
(中略)
自分が「正しい」と信じることを、やるしかない。
自分が「必要だ」と感じるものを、手に入れるしかない。
自分が「後悔しない」と言える、好きな道を行くしかない。
自分が「こうだ!」と決めたことを、努力し続けていくしかない。

もちろんその結果、失敗するかもしれない。
もしかすると、誰かに裏切られるかもしれない。
さらに言えば、大きな損失を負う羽目になるかもしれない。
でもそれは、自分の責任だし、失敗したってそのとき反省して また自分を信じて真剣にやるだけだ。
そう、だからこの本であなたに伝えたいのは「他人や、ほかのことに言い訳をつくるな」ということだ。

堀江貴文さんの他の本を紹介します

10年後の仕事図鑑

10年後の仕事図鑑

 
ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく

 
多動力 (NewsPicks Book)

多動力 (NewsPicks Book)

 
本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

 
健康の結論

健康の結論

 

長沼睦雄先生の「自己肯定感がもてない自分に困ってます」で学ぼう!

コミックエッセイ 「自己肯定感」をもてない自分に困っています

僕も育った環境のせいなのか、自己否定が強く、自己肯定感の持てない半生を送ってきました。半生と表現するのは、40歳くらいから憑き物が落ちたようになくなってしまったからです。これがなくなると世界は急に明るくなります。

勉強も出来ない、スポーツも出来ない、リーダーにもなれない僕は小中高と暗鬱とした青春を過ごしてきました。このまま生きていても、そんなに楽しいこともなく、色々なことに悩みながら生きていくんだろうなぁと漠然と感じていました。

でも、その憑き物が落ちてからは、自分の個性を活かして楽しく生きていこうとしています。失敗や迷惑を恐れずにのびのびやっていこうと決めてます。そう決めた瞬間に運も実力も知識も技術も飛躍的に進歩しました。ハッピーです。

「自己肯定感がもてない自分に困ってます」内容紹介

コミックエッセイ 「自己肯定感」をもてない自分に困っています

コミックエッセイ 「自己肯定感」をもてない自分に困っています

 

他人の顔色ばかりをうかがってしまう
自分の「素」を出すことができない
自分を犠牲にしてでも、相手に尽くしてしまう
すぐに自分を責めてしまう
恋人に依存してしまう――

こうした生きづらさや、人間関係の悩みの背景にあるのは、「自己肯定感」が低いということ。
そして、こうした「低い自己肯定感」や「自分を許せない気持ち」は
幼少期のちょっとしたトラウマや心の傷が原因になっている場合が多いのです。
本書では、ふだん生きづらさを抱えている方々に向けて、
他人とのコミュニケーションに苦手意識をもってしまう理由から自尊心を育む方法、
あらゆるストレスから解放される方法まで、コミックエッセイで紹介します。

では、自己肯定力チェックリストを使って測定してみよう!

では、この中で何個自分に当てはまるのか、やってみてくださいね。 

  1. 自分のことが好きだ。
  2. 自分は親や家族から大切にされていると思う。
  3. 自分は社会で必要な存在だと思う。
  4. 自分は行動力がある方だと思う。
  5. 自分の能力の中で自信を持っているものがある。
  6. 人前で話すときに過度な不安や緊張をしない。
  7. 何でも人並みにできると思う。
  8. イヤなことがあっても前向きに考えることができる。
  9. 誰でも自分の価値観や意見を持つ権利があると思う。
  10. 他人の幸せに嫉妬せず素直に喜べる。
  11. 他人の失敗をいつまでも責めずに許すことができる。
  12. 明確な目標を持ち、目標に向かって行動している。
  13. 他人からの悪口や批判をあまり気にしない。
  14. 人が多いところに行くこと、知らない人と交流するのが好き。
  15. 自分の人生に満足している。

ここで該当する数が、15個〜11個だと、今のまま自己肯定力を高めていってください。10個〜6個だと、自己肯定と自己嫌悪を繰り返す、不安定な状態です。5個〜0個であると、生きることに苦しさを感じやすい状態だそうです。

やはり、こういう本は勉強になります。ぜひ、知識として身につけておきたいですね。

あわせて読んでいただきたい僕の読書ブログ記事

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

 

 

日本会議って何?菅野完著『日本会議の研究』

日本会議の研究 (扶桑社新書)

 

会社の帰りに本屋さんに立ち寄りました。本屋さんは僕にとって、とてもエキサイティングな空間です。また、実際に手に取って次に読む本を決めるという行為は僕にとってストレス解消のひとつです。これからも大事にしていきたいです。

そんな本屋さんの中でも新書売り場は「新しい知識が倍買える」ということで、大事にしたい空間なんです。新書は刺激的な内容のものが次々と発刊されますよね。とてもついていけないのですが、安いから嬉しいです。

毎年の新書大賞など話題も多いですし、スペースも取りません。今日の一冊を持って出かける時などは新書になってしまう確率が多いですね。新書ファンとして、これからもこの業界を盛り上げていく一助になるようにブログで頑張ります。

日本会議の研究 (扶桑社新書)

日本会議の研究 (扶桑社新書)

 

 「日本会議」とは何なのか?

市民運動が嘲笑の対象にさえなった80年代以降の日本で、めげずに、愚直に、地道に、
そして極めて民主的な、市民運動の王道を歩んできた「一群の人々」がいた。

彼らは地道な運動を通し、「日本会議」をフロント団体として政権に影響を与えるまでに至った。
そして今、彼らの運動が結実し、日本の民主主義は殺されんとしている。――

安倍政権を支える「日本会議」の真の姿とは? 中核にはどのような思想があるのか?
膨大な資料と関係者への取材により明らかになる「日本の保守圧力団体」の真の姿。

なんだかトンデモナイ本みたいに扱われて、結構人気になった新書なんです。こういうニッチな世界の情報が新書をリサーチしていると入ってくるんですよね。どう捉えていいのかわからない本ですが、是非ともご一読を!

あわせて読んでいただきたい僕の読書ブログ記事です

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

瓦解する銀行神話『銀行員はどう生きるか』

 銀行員はどう生きるか (講談社現代新書)

 僕の先輩が地方銀行で支店長をやっておられます。銀行の支店長って、さぞかし給料もたくさんもらっていて、楽しいんだろうなぁと思っていました。先日、久しぶりにお会いしてお話を聞かせていただいたんですが、そうでもなさそうです。

そういえば、僕の周囲にも元銀行マンの人がいるけど、現状は大変そうです。「銀行」という組織自体いつまでもあるとは思えないですよね。銀行にお金を預けておいて良いのかな?って、思ってしまいますよね。

そんな銀行の実情を書いた本があったので、楽しく読ませてもらいました。

 

銀行員はどう生きるか (講談社現代新書)

銀行員はどう生きるか (講談社現代新書)

 

『銀行員はどう生きるか』内容紹介

■ 銀行の支店はシャッターを開けるたびに赤字!?
■ 三井住友がライバルに先んじるためにとった隠密行動とは!?
■ 証券ビジネスのほうが有望!?
■ 改革の面で大きく出遅れているメガバンクはどこ!?
■ 地方銀行の過半数が赤字!?
■ 銀行員の一生と再就職先とは!?
■ アメリカの銀行では支店長の年収は600万~700万円!?
■ 日本でも支店長の年収は激減し、“一国一城の主”からフロアマネジャーへ!?
■ 若手世代はもう銀行から逃げ出そうとしている!?
■ 銀行はどうやって人員を削減するのか!?
■ 今後、銀行の人事制度は変わり、配置転換が続出!?

--------------------

マイクロソフトの創業者、ビル・ゲイツが
「銀行機能は必要だが、今のかたちの銀行は消えてなくなる」
と唱えたのは、1994年のことだった。

それから20年以上経過した現在、予言は現実化しつつあるともいえる。
進化論的に生き残ったものは、
新たな環境に適合するためにその姿をガラリと変えてきた。
まさにいま、銀行はそのような時代に足を踏み入れつつあるのだ。

銀行は未だに学生の就職志望ランキングの上位にある。
「安定している」ことを理由に、志望する(入行した)人も多いだろう。

しかし、銀行員に安定した人生を期待できる時代は終わった。

本書ではその具体的な光景を、
先行する欧米の銀行の事例を取り上げながら描いてみた。

いま、金融業界では何が起きているのか。
今後生き残るのはどのような銀行なのか。
そして、銀行員はこれからどう生きていけばいいのか。

そのヒントを提供できれば幸いである。

--------------------
【本書のおもな内容】

第1章 メガバンク「大量人員削減」の衝撃――瓦解した銀行神話
第2章 激変する銀行員人生――人員削減・配置転換の深層
第3章 米銀の現状に見る邦銀の未来――支店長の年収は激減
第4章 フィンテック時代の銀行――金融業の本質とは何か

 著者さん紹介

浪川 攻

経済ジャーナリスト。1955年東京都生まれ。上智大学卒業後、電機メーカー勤務を経て記者となる。金融専門誌、証券業界紙を経験し、1987年株式会社きんざいに入社。「週刊金融財政事情」編集部でデスクを務める。1996年退社し、ペンネームで金融分野を中心に取材・執筆。月刊誌「Voice」の編集・記者、1998年に東洋経済新報社と記者契約を結び、2016年フリーとなって現在に至る。著書に『金融自壊――歴史は繰り返すのか』『前川春雄「奴雁」の哲学』(以上、東洋経済新報社)がある。

 あわせて読んでいただきたい僕の読書ブログです

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp