フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

起業でも副業でも、もちろん本業でも!『自分を最高値で売る方法』

自分を最高値で売る方法

先週、僕のプライベート名刺が届きました。僕は名刺にはかなり気を使っていて、信頼出来る業者の方にお願いするようにしています。そこで肩書きもデザインも内容も決めるのです。だって、プライベート名刺だから自由ですよね。

でも、会社の肩書きを背負っていないからこそ、名刺交換する数分で自分を売り込まなくてはならない緊張感を持っています。だから、僕のことがその名刺を見た瞬間に何者かわかるような仕掛けと覚えてもらう仕掛けが必要なのです。

僕は会社以外のところで必死に「自分を最高値」で売ることを考えているんです。そういう意味でこの本をあわせて読んで参考にすると良いと思います。やれるところを飛び降りた気持ちでトライしましょう。

かなりリスキーに感じるかもしれないのですが、リスクがない人生を歩いていても楽しくないですよね?僕も今までの成功を振り返ってみると、そこには必ず大きなリスクがありました。そこを乗り越えて成功するんです。

こんな話に興味を持ってくださるなら、是非この本を読んでみてくださいね。

目次です

『自分を最高値で売る方法』内容紹介

自分を最高値で売る方法

自分を最高値で売る方法

  • 作者: 小林正弥
  • 出版社/メーカー: クロスメディア・パブリッシング(インプレス)
  • 発売日: 2018/08/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

発売初日、amazonビジネス実用部門第1位!
個人が収入を最大化する『働き方革命』が、この1冊に!!

時給900円の日雇いバイトだった著者が、1ヶ月後には月収210万に。
そのノウハウを教えた友人・知人も、3ヶ月後には月収100万に。

実名・写真付きで9人の成功事例も掲載!
3ヶ月後で、今の収入プラス100万円増やせる!!

能力はあるのに、安売りしているあなたへ。
ゼロから3ヶ月で月100万円の収入を新たに得る方法がある。
あなたという商品を最高値で売る方法だ。
しかも、海外を自由に旅行できる自由も手に入る。
そんな美味しい話はない?
実際に、本書に実名で登場する9人はそれを可能にしている。
学び、教えることで。

専業が安売りの働き方になってしまう
仕組みのある会社で頑張るだけでは、収入は上がらない。
1社に勤める=顧客が1つだけ。対等な関係は難しい。
副業解禁の今、個人が取るべきキャリア戦略は
あなたの価値をパッケージ化して、複数の顧客を持つことだ。

仕事を辞めず、自分を高額商品にして、
複数の収入源を得る秘訣は「教育化」にある。

まず本業で結果を出し、そこで培った職業的な知恵を体系化し
他の顧客に教えることで第2の収益とする。

すでに、英語・速読・起業・マーケティング
心理学・ 写真・メイク・ネイル・カラー
恋愛・出版・WEB集客・営業・事業承継
コミュニケーション・英国刺繍・コーチング
スピリチュアル・投資・ダイエット・筋トレ
ボイトレ・ 自己啓発・目標達成、といった分野で教育化し

自分を高額商品化して、年収1000万円どころか
1億円プレイヤーになっている人たちがいる。

あなたはもっと高値で売れる!
価値を最大化できる働き方にシフトしよう!

【本書の見どころ】
・あなたが最高値で売れるテンプレートがある
・カスタマーサクセスを実現する、自分の価値をパッケージ化
・専業が安売りの働き方になってしまう3つの原因
・最安値の自分を変えてくれた、1億円プレイヤーたちの教え
・企業も第2の収益事業として教育型ビジネスを始めている
・3ヶ月あれば、あなたも専門家になれる
・他人が創ったものではなく、自分らしい世界を創る
・ゼロから3ヶ月で月100万円稼ぐ6つのステップ

【読者の声】
「相手に提供する価値を高めて、自分の値段を最高値にする実用書!」
「独立して生きていく人の"本気"を後押ししてくれる本でした」
「自身の強みをパッケージングすることの大切さを学んだ!」
「本書の教えを実践し、収入に上限のない働き方を実践したい」

実に魅力的な本です。働くという意味を考える上でも読んでくださいね。

あわせて読んでいただきたい関連書籍

「敏感すぎる自分」を好きになれる本

「敏感すぎる自分」を好きになれる本

 
自分を安売りするのは?いますぐ″やめなさい。

自分を安売りするのは?いますぐ″やめなさい。

 
今日からでもできる! 自分を10倍高く売る人の小さな習慣

今日からでもできる! 自分を10倍高く売る人の小さな習慣

 
人生も仕事も変える「対話力」 日本人に闘うディベートはいらない (講談社+α新書)

人生も仕事も変える「対話力」 日本人に闘うディベートはいらない (講談社+α新書)

 
全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術

全米NO.1のセールス・ライターが教える 10倍売る人の文章術

  • 作者: ジョセフ・シュガーマン,金森重樹
  • 出版社/メーカー: PHP研究所
  • 発売日: 2006/03/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 9人 クリック: 128回
  • この商品を含むブログ (40件) を見る
 

 あわせて読んでいただきたい僕の読書ブログ記事

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

マイカー半減!トヨタはどう生き残るのか?『MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ』

MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ

 自動車は徹底的に人類を幸せにしてきました。何時間も、何日もかかるような場所にでもドアからドアくらいのイメージで移動出来てしまうのです。これは昔の人からみたら、夢のような話ですよね。

子供の頃に重い荷物をもって、バスを乗りついて出かけていた祖母の家でさえ、ガレージに停めてある車に荷物を積み込むだけで良いということは労力が半減したのの同じですよね。そのエネルギーを有効に使っているかといえば疑問ですけどね。

今日はそんな僕らの未来のことを考えた本を紹介しますね。

『MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ』内容紹介

MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ

MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ

 

 2030年、世界で100兆円以上に達すると予測される
モビリティサービスの超有望市場「MaaS(Mobility as a Service、マース)」。

自動車メーカーだけではなく、鉄道やバス、タクシーといった公共交通、シェアリングビジネス、配車サービスをも巻き込む
「『100年に一度』のゲームチェンジ」で生き残る秘策とは――。

交通サービス分野のパラダイムシフトにとどまらず、
MaaSで実現する近未来のまちづくり、エネルギー業界から不動産・住宅、保険、観光、小売り・コンビニまで、MaaSの「先」にある全産業のビジネス変革を読み解く、日本で初めての本格的なMaaS解説書!


<本書のポイント>
●MaaSの「本質」が分かる

配車サービスやシェアリングビジネスはMaaSを構成する一要素でしかない!
欧米で巻き起こる「MaaS旋風」の詳細事例を基に、MaaSの本質的な価値に迫る。
「MaaSとは、あらゆる交通手段を統合し、その最適化を図ったうえで、
マイカーと同等か、それ以上に快適な移動サービスを提供する新しい概念。
配車サービスなど目新しい交通サービスを指すものではなく、ユーザー視点に立って
シームレスな移動体験を実現するもの。同時に、都市の渋滞・環境問題や交通事故の
解消、過疎化・高齢化が進む地方での“足"の確保など、社会的な好影響をもたらす
取り組みである」(序章より)

●MaaSの「ビジネス・インパクト」が分かる
なぜトヨタ自動車も、JR東日本もMaaSに注目しているのか。その裏には、MaaS実現に
よって“解放"される膨大な移動ビッグデータをめぐる世界的な戦いがあった!
通信、エネルギーに並ぶ巨大市場、「未開の交通デジタルプラットフォーム」を
握るのは一体誰なのか。「交通版GAFA(Google, Apple, Facebook, Amazon)」の
座を狙う主要プレーヤーの事例を多数掲載。

●MaaS時代の「アクションプラン」が分かる
MaaSの荒波を危機と捉えるか、輝ける未来にしていくか。自動車メーカーやディーラー、
鉄道、バス、タクシー業界はどう生きるべきか。現状の課題分析と、MaaS時代に期待
される役割、今後のビジネスの方向性を徹底解説する。

●MaaSによる「他産業のビジネスチャンス」が分かる
交通サービス使い放題の賃貸マンションに、送迎込みで一括予約できる医療サービス、
移動時間を含めた新しい買い物体験を創出する次世代コンビニが生まれる!
MaaSとの融合によって生まれる他産業のビジネスチャンス、「Beyond MaaS」の世界を
大胆に予測。

●初公開! 「MaaSカオスマップ2019-2020」
あなたの会社は入っている?
「モビリティサービス」「MaaSプラットフォーム」「MaaSオペレーター」の3階層で、
MaaSに取り組む国内外の主要プレーヤー200社以上を網羅(今後の予想を含む)。


序章 MaaSは危機か、それとも輝ける未来か
<MaaSの「今」が分かる>
一章 モビリティ革命「MaaS」の正体
二章 なぜMaaSのコンセプトは生まれたのか
【Interview】 MaaSグローバル Sampo Hietanen(サンポ・ヒータネン)氏
三章 日本におけるMaaSのインパクト
四章 「新モビリティ経済圏」を制すのは誰か?
◆自動車メーカー(ダイムラー、トヨタ自動車、フォルクスワーゲン)
◆鉄道・交通オペレーター(ドイツ鉄道、ケオリス、東日本旅客鉄道、小田急電鉄)
◆配車サービス(Uber、Lyft、滴滴出行)
◆自治体(ロサンゼルス市)
◆通信サービス(ソフトバンク、NTTドコモ)
◆ナビゲーション・地図(Google、SkedGO、HERE、日本のナビゲーション)
【Interview】 東京大学 生産技術研究所 須田義大氏
<MaaSの「これから」が分かる>
五章 プラットフォーム戦略としてのMaaS
【Interview】MaaSアライアンス Piia Karjalainen(ピア・カルジャライネン)氏
六章 テクノロジー戦略としてのMaaS
七章 MaaSで実現する近未来のスマートシティ
八章 産業別MaaS攻略のアクションプラン
◆自動車業界、公共交通はどう生きるべきか
【自動車メーカー&部品メーカー】【自動車ディーラー】【鉄道】【バス】【タクシー】
◆Beyond MaaS 〜モビリティ革命の先にある変化〜
【エネルギー】【保険サービス】【金融・FinTech】【不動産】【観光業】【小売り・コンビニ】
【エンタメ】【医療・介護・保育】
終章 「日本版MaaS」に向けて
【巻末収録】 MaaSカオスマップ2019-2020

あわせて読んでいただきたい僕の読書ブログ記事です 

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

【ランキング発表です】ビジネス書トップ10(ジュンク堂書店名古屋店調べ 2019年1月6日〜12日)

f:id:fumihiro1192:20190118193025j:plain

恒例となりましたビジネス書トップ10を報告します。今日発表するトップ10は、ジュンク堂書店名古屋店調べ2019年1月6日〜12日の集計結果です。ジュンク堂書店名古屋店は名古屋駅前のすごく良い場所にある素敵な書店なんですよ。

目次です

では、第10位から発表しますね。

第10位、東海友和『イオンを創った女』

イオンを創った女 ― 評伝 小嶋千鶴子

イオンを創った女 ― 評伝 小嶋千鶴子

 

 田屋呉服店という家業を、ジャスコという企業へ、さらにはイオングループへと発展させた陰の功労者・小嶋千鶴子。岡田卓也の実姉として数々の合併を成功・発展させた。その手腕を称して、人々は彼女を人事・組織専門経営のレジェンドと呼ぶ―社員だけが読める「幻の書」を解説、初の書籍化。『イオンを創った女』僕のブログ記事はこちらです。

fumihiro1192.hateblo.jp

第9位、相沢冬樹『安倍官邸vsNHK』

安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由

安倍官邸vs.NHK 森友事件をスクープした私が辞めた理由

 

 「森友事件」の原稿から、消される「安倍官邸とのつながり」。NHKでも検察でも東京vs.大阪のせめぎ合いが続く中、特ダネをつかんだ記者が異動を命じられた!政権を揺るがす疑惑と巨大組織内に強まる圧力―その狭間で最後まで戦い続けた男の渾身のノンフィクション。

第8位、えらいてんちょう『しょぼい起業で生きていく』

しょぼい起業で生きていく

しょぼい起業で生きていく

 

 組織で働くのが無理なら起業しよう。「しょぼい起業」は不況に強く、つぶれにくい。「店を開くには大金がかかる」は大ウソ。準備資金がゼロでも大丈夫。現金だけが儲けではない…「計画」も「お金」も、「経験」も不要。多少のコツさえつかめば、わりとふつうにできる、逃げても生きてくための、生存戦略。

第7位、五百田達成『話し方で損する人得する人』

話し方で損する人 得する人

話し方で損する人 得する人

  • 作者: 五百田達成
  • 出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン
  • 発売日: 2018/08/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

仕事、恋愛、家庭、友人。天国?地獄?言い方ひとつで人間関係が180度変わる!大調査!本当に好感度の高い話し方は?

 第6位、グロービズ『MBA 問題解決100の基本』

MBA100の基本

MBA100の基本

 

クリティカル・シンキング、見える化、KPI、フレームワーク、選択と集中、ファクトベース、インセンティブの経済学、テクノベート、TQC、システム思考、プロセス・コンサルティング…すべての答えは、「基本」にある。ビジネススクールの2年間で学ぶ経営&仕事のベストプラクティスが「1フレーズ」ですっきりわかる。

 第5位、山北陽平『結果を出すリーダーほどこだわらない』

結果を出すリーダーほどこだわらない

結果を出すリーダーほどこだわらない

 

今までの常識・やり方が通用しない時代に突入!AI、競合出現、突然の不景気…変化にすこぶる強いチーム&部下のつくり方。NLP理論、行動分析学から導き出した部下の「価値観」を変えて、「やりきらせる」技術。

【主要目次】
第1章:「変化」を恐れるチームは消える
第2章:「価値観」はどのようにつくられるのか?
第3章:「環境」を設定して、「行動」を誘導する
第4章:「成功実感」を体験させて、「新しい価値観」を形成する
第5章:新しい価値観を浸透させ、やりきらせるメソッド――壁マネジメント
第6章:「壁マネジメント」で、変化に強いチームをつくる方法
第7章:変化に強いチームづくりに求められるリーダーの条件
第8章:成功事例に学ぶ「変化」に強いチームのつくり方

 第4位、堀江貴文、西野亮広『バカとつき合うな』

バカとつき合うな

バカとつき合うな

 

善意のバカは本当にタチが悪い。バカにもいろいろあるけど、自分がいいことをしていると信じて疑ってないから、なにを言っても耳を貸さない。つまり、バカの中でも止めようのないバカという意味で最悪です。(西野亮廣 本文より)

我慢を美化してしまうケースは、世の中にたくさんある。嫌な上司に付き合うのも、これは我慢だから、社会人としての成長になるんだ、とかね。つまり、バカと付き合うのもいいこと、というとんでもない考え方をしはじめる。(堀江貴文 本文より)

あなたは自由になるべきだ。なぜ自由でないのか?新時代を生きる28の最強の教え。

 第3位、金川顕教『年収300万円の悪習慣 年収1000万円の良習慣 年収1億円の人のすごい習慣』

年収300万円の悪習慣 年収1000万円の良習慣 年収1億円の人のすごい習慣

年収300万円の悪習慣 年収1000万円の良習慣 年収1億円の人のすごい習慣

 

著者累計20万部突破! 年収300万円の人、1000万円の人、1億円の人は何が違うのか――。 スマホ1台で年に1億円以上稼ぐ人が「時間」と「お金」を生み出す秘密とは――? 若きカリスマ経営者が実践する「成功する人」のルールを公開します。 マインドと行動を変えれば、年収とライフスタイルが変わる。 5000人以上のビジネスを成功に導いた、どこよりもわかりやすいマインドセットの解説書です。 金川顕教の「年収300万円、1000万円、1億円シリーズ」第2弾。 年収1億円稼ぐ人の思考法とライフスタイルの全てがここにあります! 

 第2位、ハンス・ロスリングら共著『FACTFULNESS』

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣

  • 作者: ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナ・ロスリング・ロンランド,上杉周作,関美和
  • 出版社/メーカー: 日経BP社
  • 発売日: 2019/01/11
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (1件) を見る
 

 ここ数十年間、わたしは何千もの人々に、貧困、人口、教育、エネルギーなど世界にまつわる数多くの質問をしてきた医学生、大学教授、科学者、企業の役員、ジャーナリスト、政治家―ほとんどみんなが間違えた。みんなが同じ勘違いをしている。本書は、事実に基づく世界の見方を教え、とんでもない勘違いを観察し、学んだことをまとめた一冊だ。 

 第1位、前田祐二『メモの魔力』

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

メモの魔力 The Magic of Memos (NewsPicks Book)

 

僕にとってメモとは、生き方そのものです。メモによって世界を知り、アイデアが生まれる。メモによって自分を知り、人生のコンパスを持つ。メモによって夢を持ち、熱が生まれる。その熱は確実に自らを動かし、人を動かし、そして人生を、世界を大きく動かします。誰にでもできるけど、誰もまだ、その魔力に気付いていない「本当のメモの世界」へ、ようこそ。『メモの魔力』僕のブログ記事はこちらです。

fumihiro1192.hateblo.jp

以上です。最後まで読んでくださいまして、ありがとうございます。『メモの魔力』やっぱり名古屋では強いですね。全国でも伸びていくんでしょうか?頑張って欲しいです。

あわせて読んでいただきたい僕の読書ブログ記事

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

賞金百万円!第160回直木賞を受賞したのは真藤順丈さんの『宝島』

宝島

 英雄を失った島に、新たな魂が立ち上がる。固い絆で結ばれた三人の幼馴染み、グスク、レイ、ヤマコ。生きるとは走ること、抗うこと、そして想い続けることだった。少年少女は警官になり、教師になり、テロリストになり―同じ夢に向かった。超弩級の才能が放つ、青春と革命の一大叙事詩!!

第160回芥川賞・直木賞(日本文学振興会主催)の選考会が開かれ、受賞作が決まりました。直木賞は絶対にこの作品だと思ってましたので、珍しく予想が当たってうれしかったです。圧倒する熱量の真藤順丈さんの『宝島』です。

選考委員は、浅田次郎さん、伊集院静さん、北方謙三さん、桐野夏生さん、高村薫さん、林真理子さん、東野圭吾さん、宮部みゆきさん、宮城谷昌光さんの9人です。この選考委員たちの会話を聞いてみたいですね。

こっちを本にした方が売れるんじゃないのかな?と、そんなことを思いながら、本の紹介をしていきますね。この本はエンターテイメントとして面白そうです。せっかくなので、絶対に今年押さえておきたいですね。

『宝島』内容紹介というか本屋さんのコメント

宝島

宝島

 

 ◆祝!第九回山田風太郎賞受賞!◆
私の年代では記録といえる戦後復帰時代の話ですが、肌がちりつきました。 読み進めるにつれ鳥肌が止まらなくなるのは、私が沖縄人だからでしょうか?
リブロリウボウブックセンター店 宮里ゆり子さん
米軍施政下の時代に翻弄されながら、立ち向かい、熱く生き抜いた沖縄の若者たちを描く超大作!そして現代に続く基地問題を知る必読の書!
ジュンク堂書店那覇店 森本浩平さん
占領下、実際に起きた戦闘機小学校墜落、米軍車両死亡交通事故無罪判決。県民の怒りが爆発したコザ暴動。主人公たちの生き方を通して沖縄の痛みが理解できる作品です。
球陽堂書房メインプレイス店 新里哲彦さん

この熱い息吹、この語りの身軽な舞いを堪能せよ。――野崎六助(日経新聞6/21夕刊)
叫びだしたくなるほど猛烈な歓喜と感謝があふれ出して止まらなくなった――宇田川拓也(本の雑誌7月号)
本書は真藤順丈の新たな代表作にして、今年のエンタメ小説界の台風の目だ――朝宮運河(ダ・ヴィンチニュース6/23配信)
圧倒的な傑作である、いつまでも長く読まれ愛される名作になるだろう。必読!――池上冬樹(小説現代6月号)
超弩級エンタテインメント大作。読みのがすなかれ――香山二三郎(週刊新潮6/28号)
読み始めたら最後、開いた頁はいつまでも閉じることができない――奥野修司(週刊文春7/5号)
とにかく全篇に籠められた熱量が圧倒的――千街晶之(週刊文春7/5号)
「朝日新聞7/14日刊」斉藤美奈子、「毎日新聞7/15日刊」川本三郎、「毎日新聞7/7日刊」記者、「読売新聞7/3夕刊」記者、「日本経済新聞7/3日刊」野崎六助、「産経新聞7/22日刊」大森望、「東京新聞6/29」記者、「本の雑誌7月号」宇田川拓也、「クイックジャパンVol.138」浅野智哉、「 週刊新潮6/21号」香山二三郎、「週刊文春7/5号」奥野修司、「週刊文春7/5号」千街晶之、「ダ・ヴィンチ8月号」朝宮運河、「HBCラジオ7/9放送」永江朗、「野性時代8月号」吉田大助、他書評多数!

英雄を失った島に、新たな魂が立ち上がる。少年少女は20年の時を経て同じ夢に向かう。米軍統治下の沖縄を嵐のように駆け抜ける、青春と革命の一大叙事詩!!(アマゾン引用です)

 ストレス発散に、スピード感がある爽快な本が読みたいですよね。楽しみです。

あわせて読んでいただきたい他の直木賞作品

銀河鉄道の父 第158回直木賞受賞

銀河鉄道の父 第158回直木賞受賞

 
つまをめとらば (文春文庫)

つまをめとらば (文春文庫)

 
大家さんと僕

大家さんと僕

 
羊と鋼の森 (文春文庫)

羊と鋼の森 (文春文庫)

 
かがみの孤城

かがみの孤城

 

 僕の読書ブログ記事も読んでくださいね 

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

2019年このミステリーがすごい!ダントツの第1位は『それまでの明日』です

それまでの明日

 20年以上前に『私が殺した少女』を読んだ。すごい作家がいるものだなぁと感心したことをよく覚えている。こういう作家さんの作品は全部押さえておきたいなぁと思っていて、月日が流れてしまった。

持て余すくらい時間はあるので、ゆっくりと本を読みたい。人に本を進めている暇があったら読書の時間にあてた方が余程有意義だとおもうけど、そうすると心のバランスが取れなくなってしまう、読書も出来なくなってしまうのだ。

世の中はバランスが難しい。

そんなことを考えながら読むのにぴったりなのが原りょうです。今回はその最新刊を紹介しますね。このミステリーがすごいでも2019年の1位です。間違いない傑作ですよ。

目次

『それまでの明日』内容紹介

それまでの明日

それまでの明日

 

沢崎シリーズ、14年ぶりの最新作 デビュー30周年記念作品

渡辺探偵事務所の沢崎のもとに望月皓一と名乗る金融会社の支店長が現われ、赤坂の料亭の女将の身辺調査をしてくれという。沢崎が調べると女将は去年亡くなっていた。顔立ちの似た妹が跡を継いでいるというが、調査の対象は女将なのか、それとも妹か? しかし当の依頼人が忽然と姿を消し、沢崎はいつしか金融絡みの事件の渦中に。切れのいい文章と機知にとんだ会話。時代がどれだけ変わろうと、この男だけは変わらない。14年もの歳月をかけて遂に完成した、チャンドラーの『ロング・グッドバイ』に比肩する畢生の大作。 

メディア掲載レビューほか

 震災後の探偵小説

毎月のように新刊を出す作家がいる一方で、数年に1作という寡作作家もいる。原尞の場合は、デビューから30年の間に長編4作、短編集1冊、エッセイ集2冊。5作目の長編が『それまでの明日』だ。前作『愚か者死すべし』から14年ぶりとなる。ネット書店のコメント欄は、新作発売を言祝(ことほ)ぐファンでいっぱいだ。

今回も主人公はこれまでのすべての作品と同じく、探偵の沢崎。沢崎は金融会社の支店長から、料亭の女将の身辺調査を依頼される。融資案件についての調査だが、派閥抗争にからむので会社には極秘で、と支店長は告げる。

沢崎が調べると、女将はすでに死んでいた。ところが経過を報告しようにも、支店長と連絡がつかない。勤務先の金融会社を訪ねると、強盗事件が発生し、沢崎は巻き込まれてしまう。その後も支店長の行方は依然として不明……。

文体は原が心酔するというレイモンド・チャンドラーのよう。模倣ではなくオマージュというべきか。そういえば村上春樹がチャンドラーの長編7作すべてを新訳している。原の作品と読み比べるのもおもしろい。

探偵小説は失ったものを見つけ出そうとする物語である。この作品は、依頼された調査の結果はすぐわかるが(女将の死)、依頼人が姿を消すことで、何を見つけ出すべきかがわからなくなる。まるで現代人そのもの。

小説の最後で東日本大震災が起きる。つまり小説の舞台は2010年11月から2011年3月。原の前作が発表されてから14年の間に、わたしたちは何を失い、何を見つけたのだろう。本作もまた、震災後文学である。

評者:永江朗

(週刊朝日 掲載)

 あわせて読みたい原りょうの本です 

そして夜は甦る (ハヤカワ文庫 JA (501))

そして夜は甦る (ハヤカワ文庫 JA (501))

 
さらば長き眠り (ハヤカワ文庫JA)

さらば長き眠り (ハヤカワ文庫JA)

 
愚か者死すべし (ハヤカワ文庫 JA ハ 4-7)

愚か者死すべし (ハヤカワ文庫 JA ハ 4-7)

 
私が殺した少女 (ハヤカワ文庫JA)

私が殺した少女 (ハヤカワ文庫JA)

 
天使たちの探偵 (ハヤカワ文庫JA)

天使たちの探偵 (ハヤカワ文庫JA)

 

 あわせて読んでいただきたい僕の読書ブログ記事です 

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

ドラゴン・タトゥーの秘密が明かされる衝撃作!『ミレニアム5 復讐の炎を吐く女』

ミレニアム 5 上: 復讐の炎を吐く女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 19-3)

ミレニアム5 下: 復讐の炎を吐く女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 19-4)

『ミレニアム』の三部作はとてもスリリングで面白い小説であった。でも、映画はもっと面白かった。僕はジェットコースターに乗る子供のようにはしゃぎながらこの小説と映画を楽しんだ。こういう名作にはなかなか出会えないと思う。

その三部作に追加で『ミレニアム4蜘蛛の巣を払う女』が出ていて驚いたことを、このブログでも紹介したのであるが、さらにそこに追加されて『ミレニアム5 復讐の炎を吐く女』は発刊されていた。油断していたにもほどがある。

そういうことで、今日はこの『ミレニアム』シリーズの続編を紹介します。

『ミレニアム5復讐の炎を吐く女』内容紹介 

ミレニアム 5 上: 復讐の炎を吐く女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 19-3)

ミレニアム 5 上: 復讐の炎を吐く女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 19-3)

  • 作者: ダヴィドラーゲルクランツ,ヘレンハルメ美穂,久山葉子
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/12/19
  • メディア: 文庫
  • この商品を含むブログを見る
 
ミレニアム5 下: 復讐の炎を吐く女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 19-4)

ミレニアム5 下: 復讐の炎を吐く女 (ハヤカワ・ミステリ文庫 ラ 19-4)

  • 作者: ダヴィドラーゲルクランツ,ヘレンハルメ美穂,久山葉子
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2018/12/19
  • メディア: 文庫
  • この商品を含むブログを見る
 

リスベットは人工知能研究の世界的権威バルデルの息子の命を救った。だが、そのときに取った行動が違法行為にあたるとされ、2カ月の懲役刑を受けた。彼女は最高の警備を誇る女子刑務所に収容されるが、そこではギャングの一員である囚人ベニートが、美貌の女囚ファリアに暴行を加えていた。見過ごすことのできない彼女は、囚人はおろか看守までも支配するベニートとの対決を決意する。さらにリスベットは、元後見人のパルムグレンとの面会で、"レジストリー"なる機関の存在に気づき、自らの子供時代に大きな秘密が潜んでいることを知った。ミカエルはリスベットから突然、レオ・マンヘイメルという人物の調査を依頼される。この男は何者なのか? そして、刑務所の外では、思いもよらぬ痛ましい殺人事件が起きた! シリーズ第5弾!

警察は殺人事件の捜査を開始した。釈放され自由の身となったリスベットは、ミカエルの妹アニカの協力を得て、ファリアの恋人が遂げた不審な死の真相を突き止めようとする。一方、レオ・マンヘイメルについて調査を進めていたミカエルは、ある重要な人物を探しあて、“レジストリー”が行なっていた恐るべき研究と、リスベットの子供時代の悲惨な事実を聞き出す。だが、殺人事件の冷酷な犯人が、彼の調査を阻止すべく密かに動きだした。リスベットもまた、危機にさらされる。リスベットにたたきのめされて病院で治療中だったベニートが、恨みを晴らそうと脱走したのだ。ベニートの鋭利な短剣が彼女に迫る!果たしてリスベットはどう立ち向かうのか?そして、“レジストリー”の研究とはいったい何か?リスベットのドラゴン・タトゥーの秘密がついに明かされる衝撃作!

内容紹介を読んでいるだけで、気が遠くなりそうなくらいドキドキしてきます。絶対にハズレのない小説と映画ですので、是非お楽しみくださいね。

あわせて読んでいただきたい僕の読書ブログです 

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

【ランキング発表です】2018年1月8日 トーハン調査の単行本ベストセラーです

f:id:fumihiro1192:20190113111304j:plain

最近、ビジネス書ばかり読んでいて普通の文芸書まで手が出せていないので、ちょっと心が寂しがっているような気がします。求めているものが全く違うので少し生き抜きするくらいのつもりでじっくり本に向き合いたいですね。

今日は単行本・文芸書のベスト10をお送りいたします。

目次

第10位、高山一実『トラペジウム』

トラペジウム

トラペジウム

 

 乃木坂46から初の小説家デビュー!
現役トップアイドルが、アイドルを目指すある女の子の10年間を描いた感動の青春小説!

高校1年生の東ゆうは「絶対にアイドルになる」ため、己に4箇条を課して高校生活を送っていた。「SNSはやらない」「彼氏は作らない」「学校では目立たない」「東西南北の美少女を仲間にする」……?
努力の末、ついに東西南北の“輝く星たち”を仲間にした東が、高校生活をかけて追いかけた夢の結末とは!?

 第9位、辻村深月『かがみの孤城』

かがみの孤城

かがみの孤城

 

学校での居場所をなくし、閉じこもっていたこころの目の前で、ある日突然部屋の鏡が光り始めた。輝く鏡をくぐり抜けた先にあったのは、城のような不思議な建物。そこにはちょうどこころと似た境遇の7人が集められていた――
なぜこの7人が、なぜこの場所に。すべてが明らかになるとき、驚きとともに大きな感動に包まれる。
生きづらさを感じているすべての人に贈る物語。一気読み必至の著者最高傑作。 

第8位、池井戸潤『下町ロケット ヤタガラス』

下町ロケット ヤタガラス

下町ロケット ヤタガラス

 

 2018年10月放映、ドラマ「下町ロケット」(TBS日曜劇場)新シリーズの原作小説『下町ロケット ゴースト』に連なる、「宇宙から大地」編、クライマックスへ――!

社長・佃航平の閃きにより、トランスミッションの開発に乗り出した佃製作所。果たしてその挑戦はうまくいくのか――。
ベンチャー企業「ギアゴースト」や、ライバル企業「ダイダロス」との“戦い"の行方は。帝国重工の財前道生が立ち上げた新たなプロジェクトとは一体。そして、実家の危機に直面した番頭・殿村直弘のその後は。

大きな挫折を経験した者たちの熱き思いとプライドが大激突!
準天頂衛星「ヤタガラス」が導く、壮大な物語の結末や如何に! ?
待望の国民的人気シリーズ第4弾! !

第7位、古市憲寿『平成くん、さようなら』

平成くん、さようなら

平成くん、さようなら

 

平成を象徴する人物としてメディアに取り上げられ、現代的な生活を送る「平成くん」は合理的でクール、性的な接触を好まない。だがある日突然、平成の終わりと共に安楽死をしたいと恋人の愛に告げる。愛はそれを受け入れられないまま、二人は日常の営みを通して、いまの時代に生きていること、死ぬことの意味を問い直していく。なぜ平成くんは死にたいと思ったのか。そして、時代の終わりと共に、平成くんが出した答えとは―。『絶望の国の幸福な若者たち』『保育園義務教育化』などで若者の視点から現代日本について考えてきた著者が、軽やかに、鋭く「平成」を抉る!

 第6位、伊坂幸太郎『フーガはユーガ』

フーガはユーガ

フーガはユーガ

 

 常盤優我は仙台市のファミレスで一人の男に語り出す。双子の弟・風我のこと、決して幸せでなかった子供時代のこと、そして、彼ら兄弟だけの特別な「アレ」のこと。僕たちは双子で、僕たちは不運で、だけど僕たちは、手強い。

第5位、宮部みゆき『昨日がなければ明日もない』

昨日がなければ明日もない

昨日がなければ明日もない

 

『希望荘』以来2年ぶりの杉村三郎シリーズ第5弾となります。中篇3本を収録する本書のテーマは、「杉村vs.〝ちょっと困った〟女たち」。自殺未遂をし消息を絶った主婦、訳ありの家庭の訳ありの新婦、自己中なシングルマザーを相手に、杉村が奮闘します。

 第4位、川口俊和『コーヒーが冷めないうちに』 

コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちに

 

 とある街の、とある喫茶店の
とある座席には不思議な都市伝説があった
その席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるという

ただし、そこにはめんどくさい……
非常にめんどくさいルールがあった

1.過去に戻っても、この喫茶店を訪れた事のない者には会う事はできない
2.過去に戻って、どんな努力をしても、現実は変わらない
3.過去に戻れる席には先客がいる
その席に座れるのは、その先客が席を立った時だけ
4.過去に戻っても、席を立って移動する事はできない
5.過去に戻れるのは、コーヒーをカップに注いでから、
そのコーヒーが冷めてしまうまでの間だけ

めんどくさいルールはこれだけではない
それにもかかわらず、今日も都市伝説の噂を聞いた客がこの喫茶店を訪れる

 

 第3位、白田『府中三億円事件を計画・実行したのは私です』

府中三億円事件を計画・実行したのは私です。

府中三億円事件を計画・実行したのは私です。

 

この場を借りて、ひとつの告白をさせていただきます。――府中三億円事件を計画、実行したのは私です。今なお語り継がれる未解決事件、完全犯罪として成立している事件の全貌を、みなさんにお話しいたします。

1968年12月10日に東京都府中市で起きた『三億円事件』。
「その犯人は、私です。」
今年8月、突如インターネットサイトに投稿された小説によって、日本中が話題騒然となった。あの日、何があったのか――。

昭和を代表する迷宮入り事件。
奇しくもちょうど50年目を迎える節目の今年、「小説家になろう」に投稿され、ネット騒然!
ランキング1位! 800万PV突破の話題作、緊急発売!! 

第2位、東野圭吾『沈黙のパレード』

沈黙のパレード

沈黙のパレード

 

 突然行方不明になった町の人気娘が、数年後に遺体となって発見された。容疑者は、かつて草薙が担当した少女殺害事件で無罪となった男。だが今回も証拠不十分で釈放されてしまう。さらにその男が堂々と遺族たちの前に現れたことで、町全体を憎悪と義憤の空気が覆う。秋祭りのパレード当日、復讐劇はいかにして遂げられたのか。殺害方法は?アリバイトリックは?超難問に突き当たった草薙は、アメリカ帰りの湯川に助けを求める。

第1位、内館牧子『すぐ死ぬんだから』

すぐ死ぬんだから

すぐ死ぬんだから

 

 終活なんて一切しない。それより今を楽しまなきゃ。78歳の忍ハナは、60代まではまったく身の回りをかまわなかった。だがある日、実年齢より上に見られて目が覚める。「人は中身よりまず外見を磨かねば」と。仲のいい夫と経営してきた酒屋は息子夫婦に譲っているが、問題は息子の嫁である。自分に手をかけず、貧乏くさくて人前に出せたものではない。それだけが不満の幸せな老後だ。ところが夫が倒れたことから、思いがけない裏を知ることになる―。人生100年時代の新「終活」小説!

以上であります。1位、2位、3位くらいは読みたいと思います。

まだまだ読まなくてはならない本が多いです。

あわせて読んでいただきたい僕の読書ブログの本

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp