フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

【ベストセラー経営書】『学習する組織』システム思考で未来を創造しよう!

学習する組織 ― システム思考で未来を創造する


昨日パラパラと読んだ本で、衝撃的に良い本を見つけたので紹介します。

学習する組織 ― システム思考で未来を創造する

学習する組織 ― システム思考で未来を創造する

学習する組織 ― システム思考で未来を創造する

 

『学習する組織』内容紹介(アマゾン引用)

世界100万部突破! 人とチームの「学習能力」の根源を探りマネジメントの新常識を打ち立てた名著、待望の増補改訂・完訳版。

今日、世界はますます複雑になり、ビジネス環境は日々変容し、私たちの仕事はかつてなく「学習」が求められるものとなった。これまでのマネジメントの枠組みはもはや通用しない。不確実性に満ちた現代、私たちの生存と繁栄の鍵となるのは、組織としての「学習能力」である。――自律的かつ柔軟に進化しつづける「学習する組織」のコンセプトと構築法を説いた本書は、世界100万部を超えるベストセラーとなり、90年代のビジネス界に一大ムーブメントを巻き起こした。2006年刊の増補改訂版である本書『学習する組織』は、企業、学校、地域コミュニティ、社会課題など、さまざまな実践事例を踏まえて大幅に加筆修正されており、いま個人・企業・社会に求められる真の「変革」とは何かを私たちに問いかける。ユニリーバ、VISA、インテル、世界銀行、ヒューレット・パッカードなど多様な組織で導入されてきた「学習する組織」。著者ピーター・センゲの深い人間洞察と豊富なケーススタディに裏打ちされた本書を通じて、管理ではなく学習を、正解への固執ではなく好奇心を、恐怖ではなく愛を基盤とする、新たな「マネジメント」のあり方があなたにも見えてくるに違いない。

『学習する組織』章別紹介

日本語版 訳者まえがき
改訂版によせて

第I部 いかに私たち自身の行動が私たちの現実を生み出すか……そして私たちはいかにそれを変えられるか
第1章 「われに支点を与えよ。さらば片手で世界を動かさん」
第2章 あなたの組織は学習障害を抱えていないか?
第3章 システムの呪縛か、私たち自身の考え方の呪縛か?

第II部 システム思考――「学習する組織」の要
第4章 システム思考の法則
第5章 意識の変容
第6章 「自然」の型―出来事を制御する型を特定する
第7章 自己限定的な成長か、自律的な成長か

第III部 核となるディシプリン――「学習する組織」の構築
第8章 自己マスタリー
第9章 メンタル・モデル第
10章 共有ビジョン
第11章 チーム学習

第IV部 実践からの振り返り
第12章 基盤
第13章 推進力
第14章 戦略
第15章 リーダーの新しい仕事
第16章 システム市民
第17章 「学習する組織」の最前線

第V部 結び
第18章 分かたれることのない全体

『学習する組織』著者さん紹介

ピーター・M・センゲ Peter M. Senge
マサチューセッツ工科大学(MIT)経営大学院上級講師、組織学習協会(SoL)創設者。MIT スローンビジネススクールの博士課程を修了、同校教授を経て現職。旧来の階層的なマネジメント・パラダイムの限界を指摘し、自律的で柔軟に変化しつづける「学習する組織」の理論を提唱。20 世紀のビジネス戦略に最も大きな影響を与えた1人と評される。その活動は理論構築のみにとどまらず、ビジネス・教育・医療・政府の世界中のリーダーたちとさまざまな分野で協働し、学習コミュニティづくりを通じて組織・社会の課題解決に取り組んでいる。

合わせて読みたい参考図書

「学習する組織」入門――自分・チーム・会社が変わる 持続的成長の技術と実践

「学習する組織」入門――自分・チーム・会社が変わる 持続的成長の技術と実践

 
マンガでやさしくわかる学習する組織

マンガでやさしくわかる学習する組織

  • 作者: 小田理一郎,松尾陽子
  • 出版社/メーカー: 日本能率協会マネジメントセンター
  • 発売日: 2017/06/24
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 
フィールドブック 学習する組織「5つの能力」 企業変革をチームで進める最強ツール

フィールドブック 学習する組織「5つの能力」 企業変革をチームで進める最強ツール

  • 作者: ピーター・センゲ,柴田昌治,スコラ・コンサルタント,牧野元三
  • 出版社/メーカー: 日本経済新聞社
  • 発売日: 2003/09/19
  • メディア: 単行本
  • 購入: 2人 クリック: 15回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る
 

【読書紹介】貫井徳郎『私に似た人』〜10人の日常と出口なき感情〜

f:id:fumihiro1192:20170623192506j:plain

貫井徳郎さんは『慟哭』というミステリーで僕たちの度肝を抜いてくれました。絶対に忘れられない作家さんです。それ以来、注目しています。書き回しも、プロットも、人間模様の表現も素晴らしいので日本でトップ10に居座る巨人だと思っています。

今日、紹介するのは『私に似た人』

とっても良いですよ。なんだか日本人の心の闇部分をあぶり出してくれているようです。注目したい作家さんです。

 

『私に似た人』内容紹介(アマゾン引用)

小規模なテロが頻発するようになった日本。
ひとつひとつの事件は単なる無差別殺人のようだが、
実行犯たちは一様に、
自らの命をなげうって冷たい社会に抵抗する
《レジスタント》と称していた。
彼らはいわゆる貧困層に属しており、
職場や地域に居場所を見つけられないという
共通点が見出せるものの、実生活における接点はなく、
特定の組織が関与している形跡もなかった。
いつしか人々は、犯行の方法が稚拙で計画性もなく、
その規模も小さいことから、一連の事件を《小口テロ》と
呼びはじめる――。
テロに走る者、テロリストを追う者、実行犯を見下す者、
テロリストを憎悪する者……
彼らの心象と日常のドラマを精巧に描いた、
前人未到のエンターテインメント

 

私に似た人 (朝日文庫)

 

私に似た人 (朝日文庫)

私に似た人 (朝日文庫)

 

 合わせて読みたい貫井徳郎さんの本

後悔と真実の色 (幻冬舎文庫)

後悔と真実の色 (幻冬舎文庫)

 
慟哭 (創元推理文庫)

慟哭 (創元推理文庫)

 
愚行録 (創元推理文庫)

愚行録 (創元推理文庫)

 
失踪症候群 新装版 (双葉文庫)

失踪症候群 新装版 (双葉文庫)

 

 

泡坂妻夫の『湖底のまつり』強烈な読了感が味わえるミステリーです

湖底のまつり (創元推理文庫)

泡坂妻夫さんは上手いなぁと思わせる日本でも屈指のミステリー作家だ。「一体何なんだろう?」というモヤモヤを抱かせながら、読み進めると霧が一気に晴れるように打ちのめされた読了感がある。恐ろしいほどの剛腕で僕たちを叩きのめしてくれる。

ネタバレになるので書けないが、この本も素晴らしい。是非、ゆっくりと眠れない夜に読んでもらいたい一冊なので、紹介しておきます。

『湖底のまつり』内容紹介

傷ついた心を癒す旅に出た香島紀子は、山間の村で急に増水した川に流されてしまう。ロープを投げ、救いあげてくれた埴田晃二という青年とその夜結ばれるが、翌朝晃二の姿は消えていた。村祭で賑わう神社で、紀子は晃二がひと月前に殺されたと知らされる。では昨日、晃二と名乗っていた人物はだれか。読む者に強烈な眩暈感を与えずにはおかない泡坂妻夫の華麗な騙し絵の世界。

湖底のまつり (創元推理文庫)

湖底のまつり (創元推理文庫)

 

文庫本で手軽に買えるようになっているので、是非お試しください。

合わせて読みたい僕の文房具ブログ

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

【古典部シリーズ最新刊!】米澤穂信『いまさら翼といわれても』

いまさら翼といわれても

「いまさら翼といわれても」内容紹介

「大人」になるため、挑まなければいけない謎。待望の〈古典部〉最新作!

累計205万部突破の〈古典部〉シリーズ最新作!
誰もが「大人」になるため、挑まなければいけない謎がある――『満願』『王とサーカス』の著者による、不動のベスト青春ミステリ!

神山市が主催する合唱祭の本番前、ソロパートを任されている千反田えるが行方不明になってしまった。
夏休み前のえるの様子、伊原摩耶花と福部里志の調査と証言、課題曲、ある人物がついた嘘――折木奉太郎が導き出し、ひとりで向かったえるの居場所は。そして、彼女の真意とは?(表題作)

時間は進む、わかっているはずなのに。
奉太郎、える、里志、摩耶花――〈古典部〉4人の過去と未来が明らかになる、瑞々しくもビターな全6篇。


「箱の中の欠落」「鏡には映らない」「連峰は晴れているか」「私たちの伝説の一冊」「長い休日」そして書名にもなった「今更翼といわれても」の6作からなる古典部シリーズの最新刊です。読んでおくべき本です。切ない青春ストーリー大好きです。

いまさら翼といわれても

いまさら翼といわれても

 

古典部シリーズの紹介。

〈古典部〉シリーズ(文庫版)セット

〈古典部〉シリーズ(文庫版)セット

 
<古典部>シリーズ 文庫セット (角川文庫) [マーケットプレイスセット]

<古典部>シリーズ 文庫セット (角川文庫) [マーケットプレイスセット]

 

【仕事する人の教科書】働く人改革 イヤイヤが減って、職場が輝く! ほんとうの「働き方改革」

働く人改革 イヤイヤが減って、職場が輝く!  ほんとうの「働き方改革」 (できるビジネス)

沢渡あまねさんの新刊を紹介させていただきます!

彼は僕の友達の友達なので、友達になりました(笑)『職場の問題地図』『仕事の問題地図』と、ヒット連発して確固たる地位を築いた人気作家さんです。これからも、面白いビジネス書を世に送り続けると思いますので、注目していてくださいね。

働く人改革 イヤイヤが減って、職場が輝く!  ほんとうの「働き方改革」 (できるビジネス)

働く人改革 イヤイヤが減って、職場が輝く! ほんとうの「働き方改革」 (できるビジネス)

 

沢渡あまねさんの『働く人改革』 内容紹介

人気「職場改善士」が説く
社員も会社も元気になる職場の作り方


■職場の現状に満足していますか?

こう問われたとき……
「職場の人はイイけど、やりがいがない」
「仕事に楽しさなんて求めてません」

素直に「はい」と答えられない職場は、
思い切って「改革」してみませんか?

□挨拶・雑談がない
□やらされ感がある仕事ばかり
□誰が何をやっているか分からない
□自分の会社や自社製品に興味がない

このような職場でも、
みんなが主体的に働ける職場に生まれ変われます。

■ほんとうの「働き方改革」を実践しよう

世間では「働き方改革」が話題です。
ノー残業、プレミアムフライデー、テレワークなど、
実際に導入している企業も増えてきました。

そんななか
「残業は減ったけど、職場の雰囲気は変わらない」
「ノー残業とか言っても仕事量は変わらないし、現場が辛いだけ……」
「改革なんて儲からないでしょ! 」
こんな疑問や不安の声も多く挙がっているのも現状です。

ただ仕事や残業を「減らす」だけの働き方では改革とは言えません。
ズバリ、人が幸せにならない、
欲求や本音を度外視した改革では意味がないのです。

働いている私たち人間にフォーカスした
「働く人改革」をしないと!


■働く人改革で、社員はイキイキ、会社も儲かる!

改革って聞くと「めんどくさそ~」「うちでは無理! 」
という意見もありますが、
新規システムの導入、新たな人事制度のような
大掛かりなことは必要ではありません。
今ある「当たり前」をちょっと工夫するだけで
「働く人」が変わり、「働き方」も変わるのです。


▼「当たり前」を工夫した10社の改革を公開!
・ヤフー 「全館フリーアドレス」
・ナムコ 「部門トップからのメッセージ」
・ヤマハ発動機 「社内広報誌/朝の体操」
・ポッケ 「社内SNS/ブログ/オフィス居酒屋」
・カウネット 「リフレッシュルーム」
・ラクーン 「通勤/勤務地」
・日本ビジネスシステムズ 「社員食堂」
・メディアシーク 「社内勉強会」
・興津螺旋 「女性職人登用」
・ジヤトコ 「定例会議」

大企業から中小企業、事務職の現場、店舗、工場など
いろんな企業の事例を改革推進者の生の声と共にお伝えします。
成功例を参考に、ぜひ社風にあった「らしい」改革を進めてください。

僕はデスクの横に『職場の問題地図』を置いて、何度も読み返してます。反省するところも多いですし、ロジカルに自分を分析できて役に立ちます。この本は、きっと皆さんにお役に立つはずですから、是非ともお手にとってみてくださいね。

合わせて読みたい沢渡あまねさんの既刊です。

職場の問題地図 ~「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方

職場の問題地図 ~「で、どこから変える?」残業だらけ・休めない働き方

 
仕事の問題地図 ~「で、どこから変える?」進捗しない、ムリ・ムダだらけの働き方

仕事の問題地図 ~「で、どこから変える?」進捗しない、ムリ・ムダだらけの働き方

 

合わせて読みたい僕の読書ブログ

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

齋藤敦子さんの『コクヨ式机まわりの「整え方」』から学ぶ、ひらめきを生む3つのコツ!

f:id:fumihiro1192:20170604102707j:plain

僕は机まわりを大事にしてます。仕事の効率を左右する大事な場所だからです。さらには、組織としての考え方や方向性をいかに間違えずに流すかということにも関わってくるので、命がけくらいのつもりで取り組んでいます。

そもそも書類に埋もれて仕事をしていた僕が「探す」時間が多かったのです。ビジネス書を読んでいて、一体何時間書類を「探す」ことに時間を使って、そんなことで時間を浪費するつもりなのか?という文章を読んで、整理整頓に取り組むことにしました。

よくよく考えてみたら「共有」という考えも「廃棄」という考えもなく、ただ仕事をしていたので、そんな状態になってしまっていただけで、本来の「目的」を考えたら自然にデスク周りなど整っていくんですけどね。

今日はコクヨの齋藤敦子さんの素敵な本を読んだので紹介しますね。僕が苦しんで辿り着いた考え方が、全てと言って良いくらいここに書いてあります。とってもためになるので、是非とも参考にしてもらいたいです。

コクヨ式 机まわりの「整え方」 社内で実践している「ひらめきを生む」3つのコツ

コクヨ式 机まわりの「整え方」 社内で実践している「ひらめきを生む」3つのコツ

 

コクヨ式 机まわりの「整え方」 社内で実践している「ひらめきを生む」3つのコツ

会社がもっと楽しくなるように考えよう!そして、工夫しよう!

僕の今いる職場も究極につまらなくて面白く無い職場だったので、考えて工夫して変えてきました。でも、振り返ってみると「変わった」のは僕だけだったのかも知れないです。また、新しい職場で働くことになったので、今度こそ周囲も巻き込んで楽しくしたいです。

大事なことは「メンバーを選ぶ」こと。このメンバーとこうやっていつまでにやりきりたいというイメージ共有出来て初めて夢の実現が出来ますからね。そういう意味でもデスク周りの改革は大事です。ちゃんと目に見えますからね。周囲を巻き込んで活動しやすいです。

齋藤敦子さんが説く3つの大事な考え方は、以下のようにです。

  1. 「楽しさ」から考える。
  2. 「目的」から逆算する。
  3. 「時間」を区切る。

この3つを意識するだけで結果は全く違ったものになりますからね。

コクヨのHPで、とても良い記事が掲載されているので、是非一度読んでくださいね。
  ⬇︎

組織の価値創造を支えるオフィス|ビジネスセミナー&スキルアップ講座|品川ビジネス会議|もっとクリエイティブ|コクヨ


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

合わせて読んでいただきた僕の読書

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

【役立つビジネス書】経営の原動力はここにある!稲盛和夫の『京セラフィロソフィ』

f:id:fumihiro1192:20170527100309j:plain

読了後の感想は「想像以上の凄い本だった」という言葉に尽きます。働く人すべての人に読んでいただきたいです。すべてが自分に当てはまるわけではないですが、個々の力を最大限に発揮して総合力で勝つ経営はどんなものなのか理解出来ると思います。

今日の本は稲盛和夫さんの『京セラフィロソフィ』です。

まずは稲盛和夫さんの紹介

稲盛和夫(いなもり・かずお)
1932年、鹿児島県生まれ。鹿児島大学工学部卒業。59年、京都セラミツク株式会社(現・京セラ)を設立。社長、会長を経て、97年より名誉会長。84年に第二電電(現・KDDI)を設立、会長に就任。2001年より最高顧問。
10年には日本航空会長に就任し、代表取締役会長を経て、13年より名誉会長。1984年に稲盛財団を設立し、「京都賞」を創設。毎年、人類社会の進歩発展に功績のあった人々を顕彰している。また、若手経営者が集まる経営塾「盛和塾」の塾長として、後進の育成に心血を注ぐ。
主な著書に『生き方』(小社)、『従業員をやる気にさせる7つのカギ』(日本経済新聞出版社)、『成功への情熱』(PHP研究所)、『人生と経営』(致知出版社)、『ど真剣に生きる』(NHK出版)、『人生の王道』(日経BP社)、『君の思いは必ず実現する』(財界研究所)、『働き方』(三笠書房)、『燃える闘魂』(毎日新聞社)などがある。

www.kyocera.co.jp

京セラフィロソフィ

京セラフィロソフィ

 

 

 『京セラフィロソフィ』内容紹介

 

フィロソフィは「人間として何が正しいのか?」「人間は何のために生きるのか?」という根源的な問いに真正面から向かい合い様々な困難を乗り越えていくうちに培ってきた仕事や人生の指針だそうです。これは京セラを今日まで発展させてきた原動力とのこと。こういうこと知りたいですよね。

経営は最後にはここに行き着くのではないかと思います。良書です。