読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

【2016芥川賞】村田沙耶香『コンビニ人間』〜「普通」って何?それって良いの?〜

コンビニ人間 (文春e-book)

 

第155回芥川賞は、村田沙耶香さんの『コンビニ人間』に決まった。

大外からまくったという感じで、僕は全く予想していなかったが良い感じの本なのかもしれない。僕の中で、芥川賞としてそれで良いのか?とか考える気持ちはとうの昔に亡くなったので、このくらい軽妙で純文学的でなくても許そうと思う。

 

『コンビニ人間』内容紹介。

第155回(2016年上半期)芥川賞受賞作

36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。
オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、
変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、
清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、
毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、
完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、
私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。

ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は
「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。

現代の実存を問い、
正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。

 

コンビニ人間 (文春e-book)

コンビニ人間 (文春e-book)

 

 

村田沙耶香さんの受賞の喜びの挨拶から言葉を抜粋しました! 

 

長年働いてきてコンビニへの愛情を作品に出来て良かったと思います。

 

もっと人間をユーモラスに、慈しむように書いてみたかった。人間の面白さを描く小説をずっと書きたくて、初めて実践できた。

 

こういう言葉は重みがあっていいですよね。読みたいという意欲をかきたてます。

 

 

一緒に読みたい「村田沙耶香」と類似本を紹介します。

 

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp