読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

【驚愕の仮想世界です!】村田沙耶香著『消滅世界』~性、家族、夫婦の根源を問い続ける話題作~

この本を読むには相当なエネルギーを必要とするはずである。

そのエネルギーは、僕にはもうない。でも、読みたい気持ちを押さえられない。

そんな気持ちにさせてくれる本です。

「仮想世界」です。でも、こんな世界になってはいけないという警告音の鳴り響くなかで読み進めていくと、恐怖の向こうに何安堵感すら感じるようになる強烈な小説です。元気のある人は是非読んでいただきたいです。体力のあるうちしか読めません。

消滅世界

『消滅世界』内容紹介

「セックス」も「家族」も、世界から消える……
中村文則・岸本佐知子氏驚愕! 朝日、読売、東京・中日、週刊読書人他各紙で話題。日本の未来を予言する圧倒的衝撃作。

世界大戦をきっかけに、人工授精が飛躍的に発達した、もう一つの日本(パラレルワールド)。人は皆、人工授精で子供を産むようになり、生殖と快楽が分離した世界では、夫婦間のセックスは〈近親相姦〉とタブー視され、恋や快楽の対象は、恋人やキャラになる。
そんな世界で父と母の〈交尾〉で生まれた主人公・雨音。彼女は朔と結婚し、母親とは違う、セックスのない清潔で無菌な家族をつくったはずだった。だがあることをきっかけに、朔とともに、千葉にある実験都市・楽園(エデン)に移住する。そこでは男性も人工子宮によって妊娠ができる、〈家族〉によらない新たな繁殖システムが試みられていた……日本の未来を予言する衝撃の著者最高傑作。

中村文則・岸本佐知子氏驚愕!
壮大な世界。でもこれは母と娘の物語ではないだろうか。
さすが村田沙耶香。この作家はすごい。−—中村文則
見たこともないほど恐ろしい「楽園」が、ここにはあります。−—岸本佐知子

消滅世界

消滅世界

 一緒に読みたい村田沙耶香さんの本を3冊紹介します。

ギンイロノウタ (新潮文庫)

ギンイロノウタ (新潮文庫)

殺人出産

殺人出産

しろいろの街の、その骨の体温の (朝日文庫)

しろいろの街の、その骨の体温の (朝日文庫)