読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

【注目の作家!】雫井脩介さんの最新刊『望み』

望み

 

雫井脩介さんはとてもスリリングなストーリー展開で僕たちを飽きさせない小説家の一人です。注目しているので、新刊情報を楽しみにしているのですが、「渾身の一冊」と呼ばれる作品が上がってきたそうなので紹介します。

「火の粉」「犯人に告ぐ」「クローズドノート」は名作として長く読み継がれること間違いありません。今回の作品も期待して読んでいいと思います。それでは早速紹介に入りますね。

 

雫井脩介『望み』内容紹介。

 

東京のベッドタウンに住み、建築デザインの仕事をしている石川一登と校正者の妻・貴代美。二人は、高一の息子・規士と中三の娘・雅と共に、家族四人平和に暮らしていた。規士が高校生になって初めての夏休み。友人も増え、無断外泊も度々するようになったが、二人は特別な注意を払っていなかった。そんな夏休みが明けた9月のある週末。規士が2日経っても家に帰ってこず、連絡する途絶えてしまった。心配していた矢先、息子の友人が複数人に殺害されたニュースを見て、二人は胸騒ぎを覚える。行方不明は三人。そのうち犯人だと見られる逃走中の少年は二人。息子は犯人なのか、それとも…。息子の無実を望む一登と、犯人であっても生きていて欲しいと望む貴代美。揺れ動く父と母の思い―。

 

ね?内容紹介を読むだけでいい本だとわかりますよね。

 

望み

望み

 

 

 

合わせて読みたい雫井脩介さんの本。

 

火の粉 (幻冬舎文庫)

火の粉 (幻冬舎文庫)

 
仮面同窓会 (幻冬舎文庫)

仮面同窓会 (幻冬舎文庫)

 
犯罪小説家 (双葉文庫)

犯罪小説家 (双葉文庫)