読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

【コツがあった!】感情にふり回されているあなたに~辻秀一『感情にふり回されないコツ』~

僕は感情にふり回されています。

怒ったり、泣いたり、笑ったり、悲しんだり・・・とても忙しいです。でも、妬んだり、恨んだり、憎んだりすることもあります。僕は本当はその感情をコントロールしたいと思っています。でも、全く出来ません。

出来ないかわりに、良いこともあります。好きな人にしか話し掛けません。毎日を素敵に過ごしたいからです。もう病気になりたくないからです。そんな僕を許してくれる社会にとっても感謝しています。

そんな僕がお勧めする本は、こちら!

辻秀一さんの『感情にふり回されないコツ』

感情にふり回されないコツ

 ◆メンタルトレーニング専門のドクターが教える
“いやな気分"をすぐに手放すコツ

日常生活を過ごしていれば、
多くの“嫌な感情"がわき上がり、心は乱れていきます。
一流と呼ばれるような人でも例外ではありません。

つまり、感情が乱れることは人間として当然なので、
あまり気にしなくていいのです。
しかし、その乱れが続くことはよくありません。
心の乱れは、パフォーマンスの質を下げてしまうからです。

いい仕事ができるのも、いい人間関係を築けるのも、
集中して勉強できるのも……、
何事も自分のパフォーマンスの質にかかっています。

そこで本書では、メンタルトレーニング専門のドクター
が「嫌な気分をすぐに手放すコツ」を紹介。

有名企業やスポーツチームを中心に、
心のサポートを20年間行なってきた経験、実績から
誰もが実践できることだけを厳選した1冊です。

◆結局、「状況」と「環境」に
“適応できる人"は心が乱れない人。

一流ビジネスパーソンやアスリート、芸術家の共通点は、
「適応力」が高いということです。

どんなときにも、どんな状況にも、どんな環境にも、
自然体で適応していく人は、
いつでもどこでも自分本来のパフォーマンスを発揮します。

自然体とは、心がとらわれたり、ゆらいでいない整った状態です。
この自然体は、誰もが自分でつくり出していけます。

パフォーマンスの質は、「何をどんな感情で行なうのか」という
心のコンデションによって決まります。
そのため、人間の脳は、心の状態を整えていく
“ライフスキル"という技を持っています。

人間はもともとこのスキルを生まれながらに持っていますが、
多くの人がうまく使うコツを知らないので、
心の乱れを整える力が弱まっているだけなのです。

本書では、ライフスキルの使い方をわかりやすく解説しながら、
「感情にふり回されないための基礎知識」
「心が乱れる時間を減らすコツ」「最良の選択をするコツ」
「心を消耗させないコツ」「嫌なことを機嫌よくやるコツ」
「ストレスのない人間関係のコツ」などを紹介しています。 

感情にふり回されないコツ

感情にふり回されないコツ

 一緒に読みたい三冊です。

感情に振り回されない技術~穏やかで前向きなこころを手に入れる44の習慣~

感情に振り回されない技術~穏やかで前向きなこころを手に入れる44の習慣~

なぜ、一流の人は「ポジティブ思考」をしないのか?

なぜ、一流の人は「ポジティブ思考」をしないのか?

自分を「ごきげん」にする方法

自分を「ごきげん」にする方法