読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

【ついてないビジネスマン必読!】桜井章一の『ツキの正体〜運を引き寄せる技術〜』は、完全にビジネス書だ!

f:id:fumihiro1192:20160816204113j:plain

 

本は読む人によって姿を変える。どう読むかで、全く違う本になってしまうのだ。僕がこの本を2010年ごろに読んだ時には「麻雀の取り組む姿勢」について書かれた本であった。その分野でも群を抜いて素晴らしい本であったことを覚えている。

しかし「麻雀」を全くやらなくなった今の僕が読むと、完全に「ビジネス書」だ。仕事や家庭に対する取り組み方の指南本に思える。人生はこうやって生きていかないと上手くはいかないのだと教えてくれている本なのだ。正直に驚いた。

そう言われてみると、この本の中には「麻雀」のゲームの説明や解説などが全く見当たらない。麻雀というゲームに必須の麻雀パイや点棒の気配すらしない。元々、ゲーム内容より心の部分を中心に書いた本なのだろう。

では、改めて桜井章一さんの『ツキの正体』を紹介していきます。

 

ツキの正体―運を引き寄せる技術 (幻冬舎新書)

 

ツキの正体―運を引き寄せる技術 (幻冬舎新書)

ツキの正体―運を引き寄せる技術 (幻冬舎新書)

 

 

『ツキの正体』内容紹介。

 

ツキに見放された人には理由がある!
「今日はツイてる」を永続させるにはどうすればいいのか!? 

ツキは、突然湧いてくると思われがちだが、実は必ず人を選んでいる。それは麻雀の卓上をさまようツキを見れば明らかだ。
ツキを引き寄せるには「考えすぎない」「気づいたら即行動」「一つのことに集中しない」「見返りを求めない」「遊び心を持つ」ことが不可欠だが、具体的にはどうすればいいのか。麻雀の世界で二〇年間無敗の伝説を持つ著者が、場の空気の変化を敏感に捉え、運の流れを見抜く方法をわかりやすく伝授。 

立ちはだかる高くて厚いその壁を、努力や工夫で乗り越えようとするのは無謀です。それよりも、すっとスルーしてしまうーーそういう感覚が「運を扱う」ということなのかもしれません。(「はじめに」より)

 

『ツキの正体』章別構成。

 

はじめに
第一章 ツキに個人差があるのはなぜか
第二章 「すぐやる人」はツキまくる
第三章 ちょっとした感覚がツキを呼ぶ
第四章 逆境をツキに変える
第五章 ツキは変化する人を選ぶ
第六章 ついている人は見返りを求めない
第七章 ツキは流れの中にある
おわりに

 

ついているとか、ついていないとか・・・運が良いとか悪いとか・・・色々な感情が交錯する世界ではありますが、ギャンブルの世界でもビジネスの世界でも結局は同じところで繋がっていて、成り立っていることがよくわかります。

成功する人は、変化に順応して行って、逆境に強く、行動も早いです。逆の人はまず100%成功できません。こうやって解きほぐしていくと世界のすべてのことは同じ真理で成り立っているのかも知れませんね。本当に面白いです。

是非是非、この本を読んでみてください。全部仕事に置き換えて考えたらいいんです。この新しい視点が「問題の解決」の糸口をくれること間違いなしです!

 

合わせて読みたい本を紹介します。

 

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp