読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

【大人の夏休み課題図書】『確率思考の戦略論』〜著名人をうならせる凄いビジネス本〜

確率思考の戦略論  USJでも実証された数学マーケティングの力

 

大人の夏休みの課題図書として、ちょっとハイレベルな「読書」に挑んでみてはいかがでしょうか。そんな気持ちがあり方に絶対お勧めしたい本が、こちらです。

『確率思考の戦略論』森岡毅著

「1枚」ワークス代表の浅田すぐるさんがFacebookでこうコメントされてました。

たぶん今年のビジネス書大賞はこの本になるだろうと思います。
こんなに圧倒され、知的刺激満載だったビジネス書は久々でした。
同時に、こうした歴史的に意義ある本を、これだけ重厚なレベルで世に問えることに羨ましさも感じました。
私の本は現状、トコトン軽くしたスタイルで世に問わせてもらってるし、それはそれで大切なことなのですが、キャリアのどこかでこのレベル感のものもやりたいところです。
何はともあれ、お盆で帰省中の読書タイムとしては、最高のチョイスでした。

自動代替テキストはありません。
 
 
浅田すぐるさんをうならせる本・・・読まない選択はありませんよね。
しかしながら、「読書」としてのハードルは高そうです。心してかからないと、負けてしまいそうな重厚感がありますよね。まずは、森岡毅さんのこちらの著書から挑戦するのがいいのかも。
 
USJを劇的に変えた、たった1つの考え方  成功を引き寄せるマーケティング入門

USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

 

 

 『確率思考の戦略論』内容紹介。

 

「ビジネス戦略とは確率論である」「成功確率はある程度操作できる」「需要予測はそのための有用な道具である」など、企業戦略に役立つ智慧と数式が詰まった上級者向けのマーケティング実践書。

 

世界屈指のマーケター&アナリストが、USJに導入した秘伝の数式を公開。

ビジネス戦略の成否は「確率」で決まっている。
その確率はある程度まで操作することができる。

八方塞りに思える状況でも、市場構造や消費者の本質を理解していると、
勝てなさそうに見える局面や相手に対しても勝つチャンスのある戦い方、
つまり勝つ確率の高い戦略を導き出すことができる。
その戦略を導き出すのが「数学マーケティング」である。

 

確率思考の戦略論  USJでも実証された数学マーケティングの力

確率思考の戦略論 USJでも実証された数学マーケティングの力

 

 

大人の夏休みの課題図書として、ぜひどうぞ!

 

 

合わせて読みたい「経営戦略」本を紹介したブログ。

 

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp