読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

【一流スキルを伝授】『いらない課長、すごい課長』~リストラ危機がせまる「ガラパゴス課長」とは?~

いらない課長、すごい課長 (日経プレミアシリーズ)

 

 今日は「日経プレミア」シリーズの新書を紹介します。僕はある時期から新書が大好きになり、結構読んでます。安くてコンパクトで知識の宝庫の新書、おすすめです。

紹介するのは、新井健一さんの『いらない課長、すごい課長』です。

僕もどちらかといえば・・・いらない課長かも(泣)。勉強します!

 

いらない課長、すごい課長 (日経プレミアシリーズ)

いらない課長、すごい課長 (日経プレミアシリーズ)

 

『いらない課長、すごい課長』内容紹介(amazon引用)

【自社の人事情報や社内の序列に敏感な人ほどキケン! ?】
女性やシニア、価値観の異なる若年層・・「上位ポストを目指さない社員」が職場のマジョリティとなった今、これまでと同じマネジメントでは職場の問題を解決することはできない。
それはつまり、結果重視・減点主義、部下の個別事情を聞き入れない、自社の社内事情を優先、どの組織も同じ我流のモノサシで判断するといった、昭和的・ガラパゴス的なマネジメントを行う課長が「いらない課長」として、リストラの危機にさらされることを意味している。
本書では、人事コンサルタントが変遷する現代の職場事情を踏まえつつ、リストラ対象になる「いらない課長」と人材価値の高い「プロフェッショナル課長」の違いを分析する。
さらに、コミュニケーション術、リーダーシップ術、職場の問題を俯瞰して捉えるための会社数字の知識など、多方向から30代~40代中堅社員の武器となる「課長スキル」を磨くための具体的な手法を授ける。
本書を読めば、現代の課長に必要とされる一連の知識・スキルが身につく。

 

読めば読むほど僕にとって痛い本です。こういう情報を入れることによって、スキルアップして進化出来たら良いなぁと思います♪

 

 

合わせて読みたい管理職本

 

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp