読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

【最新科学で解明!】池谷裕二著『脳と心のしくみ』~脳科学者に学ぶ最新脳機能解明本~

池谷裕二さんは、僕の心の友なのです。

ひょんなことから存在を知って、本を読んで・・・自分の人間としてのメカニズムを思い知らされて、そんな部分とも上手に生きて行かなくてはならないことを教えてもらった先生です。文章も上手なので読みやすいですよ。

そんな池谷さんの本を紹介します。大人のための図鑑 脳と心のしくみです。

大人のための図鑑 脳と心のしくみ

池谷裕二『脳と心のしくみ』内容紹介

 「私たち人間の心はどこにあり、脳はどのようなしくみでできているのか?」。これは古代から脈々と続く、人類の探求テーマである。本書では、脳科学の第一線で活躍しながら、一般の人々へのアウトリーチ活動も行う池谷裕二先生を監修に迎え、最新の知見を盛り込みながら「脳と心のしくみ」をリアルにビジュアル解説する。

大人のための図鑑 脳と心のしくみ

大人のための図鑑 脳と心のしくみ

 池谷裕二さんの言葉

脳は知れば知るほど奥が深く、さらなる探究心がくすぐられます。研究現場は毎日がわくわくの連続です。この高揚感を自分だけにとどめておくのはもったいない ── 脳研究の最前線のトピックを、できるだけ噛み砕いて語ることで、「知の興奮」を皆様と共有したいと願っています。

ただ私は、自身が科学者であることを第一として、執筆で研究生活が影響されないように気を配っています。研究が大好きだからです。ですから、私の本のスタイルは、(1)講義録、(2)インタビューや連載記事のまとめ、(3)対談録、の3つが主体となっています。

脳研究の世界では、毎日ように、興味深い新知見が湧き出しています。この湧き水は尽きることがないようです。それを精一杯に汲んで、新鮮なうちに紹介してゆきますので、科学に興味ある方もない方も、ぜひお付き合いいただけましたら幸いです。

 一緒に読みたい三冊

脳には妙なクセがある (扶桑社新書)

脳には妙なクセがある (扶桑社新書)

脳はこんなに悩ましい (新潮文庫)

脳はこんなに悩ましい (新潮文庫)

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!? (新潮文庫)

脳はなにかと言い訳する―人は幸せになるようにできていた!? (新潮文庫)