読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

中島孝志の『「数式思考」の技術』〜知的生産力を10倍アップさせるフレームワーク

f:id:fumihiro1192:20161121212446j:plain

 

冒頭部分で紹介されている松下幸之助さんのエピソードを紹介します。

 

ある京都の講演会で、幸之助さんはこんな話をしました。「中小企業はいざというとき困らないように、ダムのように常に内部留保を務めることが大切だ」という持論『ダム経営』について話したところ、聴衆から「理論はわかったから、具体的にどうにやったらどうできるのか?」という質問が飛びました。すると、幸之助さんは一言「強く願うことです」と答えました。この回答に会場は大爆笑。もっと具体的な方法を話してくれるものかと期待していただけに、肩透かしをくらわされた感じだったのでしょう。

 

僕も昔このエピソードを読んだ時に、変なおじさんだなぁと思いました。でも、年齢を重ねて、経験を積んでいくうちに、この話の真実がわかるようになってきました。「強く願こと」によって何が生まれるのかわかったのです。

 

確かにそれが「熱意」であり、我々を動かしている源だと思います。

 

この本はどこから読んでも面白いですから、気軽にポケットにいれて持ち運んで隙間時間に読むと良い本です。ぜひぜひのオススメ本です。偉人のエッセンスがぎゅっと濃縮された本ですよ。

 

 

「数式思考」の技術 「知的生産力」を10倍アップさせるフレームワーク (講談社+α新書)
 

 

 数字と図解で読む勝ち組仕事人の勝者の理由 カリスマ経営コンサルタントが、「小」が「大」に勝つための仕事・経営の極意を、数字を駆使して語る。日経ウェブ「BIZPLUS」の大人気連載を待望の一冊に

 

「数式思考」の技術 章別構成

 

はじめに

第一章 一流は万能の「仕事の数式」を持っている

第二章 「経営の神様」が愛した数式

第三章 勝ち続けるモンスターの「儲けの数式」

第四章 「金の生る木」を生み出す数式

第五章 とことん強くなる数式、弱者から抜け出す数式

第六章 お客をぐっと惹きつける「一人勝ち」の数式

第七章 危険を勝ち抜く「タフな経営」の数式

 

 

合わせて読みたい「知的生産」の関連ブログ。

 

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp