読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

知事の影響力の本質に迫る!東国原英夫の『知事の世界』

f:id:fumihiro1192:20170211214035j:plain

 

今から紹介するのは、東国原英夫さんの『知事の世界』です。

 

少しも気になっていなかった本なのですが、読み始めたら面白かったです。知事の仕事がどうこうというよりも「人生論」として読むと良いと思います。自分の評価、他者の視線、バランス感覚などの勉強になります。

 

これからの未来は、思い描いたような未来が広がっているわけではないかもしれませんが、どこまで意図的に素敵にできるのかが人生だと思います。そんな僕らに勇気をくれる素敵な新書です。おすすめします。

 

 

『知事の世界』内容紹介。

 

国家の礎は地方にある。だが、現実は、逼迫した財政に苦しむ瀕死の自治体ばかりだ。その最たる存在であった宮崎県が、東国原知事の誕生で息を吹き返した。メディアを使った巧みなPRで観光客、県産品の売上は増加。県職員の士気も上がり、率先して組織改革を進めるほどだ。人口一一四万人の県が、トップの交代でここまで変わる。知事のもつ影響力とは何か?宮崎県を地方変革と日本再生の新しいモデルにした知事の全貌がわかる。

 

『知事の世界』著者さん紹介。

 

東国原/英夫
宮崎県知事。1957年宮崎県都城市生まれ。専修大学卒業後の80年、「笑ってる場合ですよ!」への出演をきっかけにビートたけしの一番弟子となる。以後、そのまんま東の芸名でたけし軍団のリーダーとして活躍。2000年4月早稲田大学第二文学部入学、04年3月卒業。同年4月、再び早稲田大学政治経済学部に入学したが、06年3月退学。07年1月の宮崎県知事選に立候補して、見事初当選を遂げる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

知事の世界 (幻冬舎新書)

知事の世界 (幻冬舎新書)

 

 

 

合わせて読みたいオススメ本を紹介したブログ記事。

 

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp