読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

【第155回芥川賞受賞!】『コンビニ人間』を読んでみた!良かった!

https://www.instagram.com/p/BPXc6LchhL6/

 

今日は『コンビニ人間』を読んだ。村田沙耶香に期待して買ったのだが、冒頭のインパクトに欠ける小説だったので、積んだままになってしまって今に至る。でも、じっくり読んでみると面白い小説だった。これならオススメしても良いと思う。

 

そもそも芥川賞を受賞するくらいの話題の小説なのだ。各界の著名人たちも、こぞって高評価した素敵な本なので、ハズレはないはずだ。読んでみると確かに面白かった。「普通」って何?と鋭く読者に突きつける問題作なのだ。

 

 

『コンビニ人間』内容紹介。

 

第155回芥川賞受賞作!

36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。
オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、
変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、
清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、
毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、
完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、
私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。

ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は
「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。

現代の実存を問い、
正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。

 

 

コンビニ人間

コンビニ人間

 

 

https://www.instagram.com/p/BPXdBjbh47b/

 

そのとき、私は、初めて、世界の部品になることができたのだった。私は、今、自分が生まれたと思った。世界の正常な部品としての私が、この日、確かに誕生したのだった。

 

僕にも欠落した部分がある。全体がみえない周囲には欠落すら気がつかないような問題である。しかしながら、その欠落を埋めようと毎日もがいている自分のことをよく知っている。そんな葛藤がいとも簡単にこの小説の中に再現されている。

 

こういう小説はわかりやすい。読みやすい。そして僕達の生活を少しだけ変えてくれる。そんな小説を僕達は求めているのだ。

 

 

合わせて読みたい「村田沙耶香」の本。

 

授乳 (講談社文庫)

授乳 (講談社文庫)

 
しろいろの街の、その骨の体温の (朝日文庫)

しろいろの街の、その骨の体温の (朝日文庫)

 
殺人出産 (講談社文庫)

殺人出産 (講談社文庫)

 
消滅世界

消滅世界

 
きれいなシワの作り方~淑女の思春期病

きれいなシワの作り方~淑女の思春期病

 

 

 

合わせて読みたい僕の文房具グログ。

 

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp