読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

森博嗣著『孤独の価値』〜人は、なぜ孤独を怖れるのか?〜

お勧め本 読書

f:id:fumihiro1192:20170104202323j:plain

 

冬休みに、森博嗣先生の『やりがいのある仕事という幻想』を読んで驚いた。『すべてはFになる』に代表されるライトミステリーの気配は微塵もなく、深い考察というよりも、バッサリと切り捨てるような人生論を展開している。痛快過ぎるのだ。

 

僕の今の状態にとてもマッチしているので、のめり込んでしまった。

 

今回読んだ本は「孤独」がテーマだ。僕もよく「孤独」を感じる。もちろん悪いことではないと思っているが、風潮がそれを許さないようだ。しっかりと息が詰まるくらいに予定が入っていないと、悪だと揶揄するような気配がする。

 

「孤独」があるから、クリエイティブな思考ができる。友達に会いたいと思う。さらには、人を愛したいと思う。そういう全ての原動力のひとつが「孤独」というものなのだ。人類のかけがえのない財産のひとつなのだ。

 

ここまで文明が発展してきたのも「孤独」を根元にした社会的進歩があってこそなのだ。昔は「孤独」を感じるとお酒を飲んで本を読んで寝た。最近は歩き回るようにしている。「孤独」との付き合い方が人生を変えるし、作り上げるのだ。

 

そんな気持ちでこの本を読んでもらいたいと思う。

 

 

『孤独の価値』内容紹介。

 

人は、なぜ孤独を怖れるのか。多くは孤独が寂しいからだと言う。だが、寂しさはどんな嫌なことを貴方にもたらすだろう。それはマスコミがつくったステレオタイプの虚構の寂しさを、悪だと思わされているだけではないのか。現代人は〈絆〉を売り物にする商売にのせられ過剰に他者とつながりたがって〈絆の肥満〉状態だ。孤独とは、他者からの無視でも社会の拒絶でもない。社会と共生しながら、自分の思い描いた「自由」を生きることである。人間を苛む得体の知れない孤独感を、少しでも和らげるための画期的な人生論。

 

 

孤独の価値 (幻冬舎新書)

孤独の価値 (幻冬舎新書)

 

 

 

合わせて読みたい読書ブログを紹介します。

 

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp