読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

【おすすめ新書】僕がプレゼントしたい新書ベスト10 〜息子に読んでほしい本はこれだ!〜

f:id:fumihiro1192:20160918085341j:plain

 

今週のお題「プレゼントしたい本」

僕は新書で10冊選んでみました。全て自分の息子に読んでもらいたい本です。新書は安くて薄くてたくさん読めるからいいですよね。是非是非、浴びるように読んで自分の人生を豊かにしてください。

新書版(173×105mm)に濃縮された世界で自分を磨いてくださいね。

 

 

1、福岡伸一『生物と無生物のあいだ』

 

生物と無生物のあいだ (講談社現代新書)

 

 

 

何度読んでも面白い。新書界のスーパースターがこの本です。本を読む幸せを感じさせてくれたのは、この本です。読んでいない方は是非お読みくださいね。

 

 

2、水野麻子『語学力ゼロで8ヶ国語翻訳できるナゾ』

 

語学力ゼロで8ヵ国語翻訳できるナゾどんなビジネスもこの考え方ならうまくいく (講談社+α新書)

 

僕の体の一部はこの本でできていると思ってもらってもいいくらいです。

 

 

3、野口悠紀雄『「超」整理法 情報検索と発想の新システム』

 

「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)

 

情報検索を本気で考えさせてくれた本。野口悠紀雄さんのブレイクはここから始まったのかな?

 

 

4、藻谷浩介『デフレの正体 経済は「人口の波」で動く』

 

デフレの正体  経済は「人口の波」で動く (角川oneテーマ21)

アメリカに出張した時に何度も何度も読み返した本です。日本語が恋しかったのと、驚きの内容で本当におもしろかったです。

 

 

5、山田真哉『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』

 

さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 身近な疑問からはじめる会計学 (光文社新書)

 

 

「竿竹屋?そういえばよく通るよな」そんな身近な引っかかりをうまく利用して大ヒットに結びつけた初心者会計本。おもしろかったなぁ。

 

 

6、武田邦彦『偽善エコロジー 「環境生活」が地球を破壊する』

 

偽善エコロジー―「環境生活」が地球を破壊する (幻冬舎新書)

 

 

 

もう少し冷静に読まないといけないですが、エコに含まれる偽善を教えてくれた本です。もっともです。

 

 

7、上田紀行『人生の<逃げ場> 会社だけの生活に行き詰まっている人へ』

 

人生の〈逃げ場〉 会社だけの生活に行き詰まっている人へ (朝日新書)

 

最近読んだ「新書」で一番良かったです。

 

 

8、吉越浩一郎『デッドライン仕事術』

 

デッドライン仕事術 (祥伝社新書)

 

 

定期的に読み返して勉強し直しております。ビジネスのバイブルです。

 

 

9、イケダハヤト『年収150万円で僕らは自由に生きて行く』

 

 

年収150万円で僕らは自由に生きていく (星海社新書)

 

 

人を怒らせる天才は僕にとってはこの本の印象が強すぎて爽やかな人です。

 

 

10、百田尚樹「大放言」

 

大放言 (新潮新書)

 

 

僕のちょっとした悩みを解決してくれた本。感謝しています。

 

 

以上が、ベスト10です。おさらいしますと・・・

 

1、福岡伸一『生物と無生物のあいだ』

2、水野麻子『語学力ゼロで8ヶ国語翻訳できるナゾ』

3、野口悠紀雄『「超」整理法 情報検索と発想の新システム』

4、藻谷浩介『デフレの正体 経済は「人口の波」で動く』

5、山田真哉『さおだけ屋はなぜ潰れないのか?』

6、武田邦彦『偽善エコロジー 「環境生活」が地球を破壊する』

7、上田紀行『人生の<逃げ場> 会社だけの生活に行き詰まっている人へ』

8、吉越浩一郎『デッドライン仕事術』

9、イケダハヤト『年収150万円で僕らは自由に生きて行く』

10、百田尚樹「大放言」

 

巷にあふれるランキングとは違うでしょうが、僕の思い入れが入ったベスト10です。是非是非、秋の読書の参考にしてくださいね。

 

 

合わせて読みたいオススメ本。

 

 

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp