読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

【社長のオススメ本】『人を動かす』〜働きかければ人は変わるの!〜

人を動かす 新装版

 

僕が務める会社の社内報を読んでいたら、社長が本を紹介されておられた。我が社の役員たちは交代でメッセージを寄稿したり、オススメ本を紹介したりしている。なかなかやるなぁと思って読んでいる。その人の人格が現れているようで楽しい。

ディール・カーネギーの『人を動かす』であった。

僕は高校一年生の時にこの本を読んだ。なんとも面白くなくて途中でやめてしまった。しかしながら、再度読み返すと面白いし深い話で教えられることが多い。毎日早起きして少しづつ読んでいる。仕事にも良い影響を及ぼしているように思う。

 

人を動かす 新装版

人を動かす 新装版

 

 

『人を動かす』内容紹介。

  あらゆる自己啓発本の原点とも言うべき本書は、1937年に初版が発行されると瞬く間にベストセラーとなり、累計で1,500万部を売り上げた。『How to Win Friends and Influence People』は初版の発売当時と同じように今日でも十分通用する内容となっているが、その理由は、著者のデール・カーネギーが決して変わり得ない人間の本質を理解していたからに他ならない。著者の信ずるところによれば、経済的成功の15パーセントは専門的知識から生み出されるが、残りの85パーセントは「考えを表現する能力、リーダーシップをとる能力、そして人々の熱意を引き出す能力」によるものとなる。人と接する際の基本的な原則を基に、自分が重要視され、評価されていると相手に感じさせるようなスキルを教示する。また、操られていると相手に感じさせないようにしながらつき合う基本的な手法にも重点を置いている。カーネギーは、誰かに自分が望むことをさせるには、状況を一度自分以外の視点に立って観察し、「他人の中に強い欲望を喚起させる」ことで可能になると述べる。更に本書を通じて、相手に好かれる方法、自分の考え方に相手を引き込む方法、相手の感情を害することなく、あるいは恨みを買うことなくその人の考え方を変える方法を学ぶことができる。例えば、「他人にその考えが自分のものだと感じさせる」方法、そして「まず自分の失敗について語ってから他人を批判する」方法などである。また、歴史上の人物、産業界のリーダー、そして市井の人々の逸話を交えながら、著者の論点が分かりやすく解説されている。(Joan Price, Amazon.com)

 

まんがでわかる D・カーネギーの「人を動かす」「道は開ける」 (まんがでわかるシリーズ)

まんがでわかる D・カーネギーの「人を動かす」「道は開ける」 (まんがでわかるシリーズ)

 

 

実は最近漫画版も出版されている。文字を読むのが苦手な人はこちらでどうぞ!経験からいって、漫画でも十分すぎるくらい勉強することが出来ます。読むことが障壁になって、読めてない人はこちらでどうぞ!

 

人を動かす 文庫版

人を動かす 文庫版

 
新訳 人を動かす (角川文庫)

新訳 人を動かす (角川文庫)

 

 

文庫版も出ているので、ポケットにはこちらをどうぞ!

 

 

合わせて読みたい「自己啓発」させてくれる本

 

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp