読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

【売れてます!】『仕事で心が折れそうになったら読む本』〜折れる前に読んでおこう〜

仕事で心が折れそうになったら読む本

 

僕は人よりもかなり劣っている部分が多いのに無理をしているので、よく心が折れます。折れそうになるのではなく、折れるのです。そんな時はとにかく寝るようにしています。長時間寝ると折れた心が繋がっている時が多いのです。

そんな僕も「心の病」を経験しました。どうして病気になったのか、その当時はよくわからなかったのですが、最近になって理由がわかりました。自分が一生懸命にやってきた仕事に意味がなかったと知らされたからです。男はこういうのに弱いです。

心の運転の仕方を習得して、ブレーキのかけ方も教わって、それ以来「心の病気」にはなっていません。それどころか、何十倍も人生を楽しく生きているように思えます。僕は今では「心の病気」になって良かったと思っています。

 

 

仕事で心が折れそうになったら読む本

仕事で心が折れそうになったら読む本

 

 

そんな僕が今日紹介する本は、

佐藤康行著『仕事で心が折れそうになったら読む本』です。

 

(内容紹介)アマゾン引用

私は2014年に心の悩みを解決するクリニック『YSこころのクリニック』を、2015年には『YSメンタルヘルス』を開設しました。これまで「メンタル不調は治らない」というのが一般的な認識でした。しかし、「メンタル不調は治る」というのが私の考え方です。メンタル不調の未然防止、心の病を改善して会社の戦力にするための活動を行っています。 日本人は基本的にすごくまじめです。優秀な人ほど、すべてを自分で背負い込もうとする。まじめで優秀な人がミスをしたら、それを挽回しようと長時間労働など無理な働き方をして、さらに苦しくなることが多い。
そうならないためにはどうすればいいのでしょうか。
自分で自分の心を守るしかありません。その方法について、本書で述べていきます。
もし、会社が嫌になったとしたら、働くことに疑問を感じたら、立ち止まってこの本を開いてください。あなたの心が軽くなるヒントがここにあるはずです。

 

極論なんですが、一度くらいは「心の病気」を経験した方がいいと思います。そうやって強くなって、いろいろ勉強して、幸せになればいいと感じるんです。そんな考え方は、不謹慎かもしれませんが、経験者は語るってやつです。

この本の中には、幸せになるヒントがいっぱい詰まってます。ぜひ、読んでみてくださいね。

 

 

合わせて読みたい「心の本」を紹介します。

 

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp