読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

【新書マニア】6月の「売れ行きベスト10」~これだけは押さえておきたい最新新書~

僕は部屋の本棚が全て「新書」でも良いかな?と思うくらい新書が好きです。なんといってもコンパクトで安価で読みやすい、さらには最新知識をザッピング出来るという「早い、安い、旨い!」の三拍子揃った本が「新書」なのです。

今日は、6月6日~12日までの大阪・紀伊国屋書店梅田書店調べの日本経済新聞掲載分の「新書ベスト10」をお送りします。タイトルを見ているだけでワクワクするラインアップですよ。ぜひぜひ、お楽しみくださいね。

では、早速紹介していきます!

 

第一位、又吉直樹『夜を乗り越える』

夜を乗り越える(小学館よしもと新書)

 

第二位、青山繁晴『壊れた地球儀の直し方』

壊れた地球儀の直し方 (扶桑社新書)

 

第三位、菅野完『日本会議の研究』

日本会議の研究 (扶桑社新書)

 

第四位、橋本卓典『捨てられる銀行』

捨てられる銀行 (講談社現代新書)

 

第五位、橘玲『言ってはいけない』

言ってはいけない 残酷すぎる真実 (新潮新書)

 

第六位、島田裕巳『もう親を捨てるしかない』

もう親を捨てるしかない 介護・葬式・遺産は、要らない (幻冬舎新書)

 

第七位、岡崎慎司『未到』

未到 奇跡の一年 (ベスト新書)

 

第八位、樋口陽一、小林節『「憲法改正」の真実』

「憲法改正」の真実 (集英社新書)

 

第九位、井上章一『京都ぎらい』

京都ぎらい (朝日新書)

 

第十位、飯田真弓『税務署は3年泳がせる』

税務署は3年泳がせる。 (日経プレミアシリーズ)

 

 

僕が気になる本は、ずばり10位の『税務署は3年泳がせる』です。こんなタイトル素敵過ぎますよね。ドキリとした人は買うでしょうね(笑)。内容がとても気になるので読んでみたいです。

 

 

合わせて読みたい注目本

 

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp