読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

【キレキレの新書】『下り坂をそろそろと下る』~新しい「この国のかたち」を模索する平田オリザの本~

下り坂をそろそろと下る (講談社現代新書)

 

ここ数日に渡り「平田オリザ」「下り坂」というキーワードが、僕の視界に3度も入って来た。これも運命だなぁ~と思い、この本に挑戦しようと思い立った。長い事生きてきたが、こういう事は大事にしたいと思うからだ。そして逆らわない事だ。

こういう思いは読書の原動力になりえるもので、転機となることも多いのだ。

 

平田オリザさんの紹介

平田 オリザ
1962年、東京生まれ。国際基督教大学在学中に劇団「青年団」結成。戯曲と演出を担当。現在、東京藝術大学COI研究推進機構 特任教授、大阪大学コミュニケーションデザイン・センター客員教授。2002年度から採用された国語教科書に掲載されている平田のワークショップ方法論により、多くの子どもたちが、教室で演劇を創る体験をしている。戯曲の代表作に『東京ノート』(岸田國士戯曲賞受賞)、『その河をこえて、五月』(朝日舞台芸術賞グランプリ受賞)、著書に『演劇入門』『演技と演出』『わかりあえないことから―コミュニケーション能力とは何か』(以上、講談社現代新書)、『芸術立国論』(集英社新書)、『新しい広場をつくる―市民芸術概論綱要』(岩波書店)、小説『幕が上がる』(講談社文庫)など多数。

(amazon引用)

演劇の世界の人なんだ・・・どうりで接点が無かった訳ですね。でも、かなり彼に興味が沸きましたよ。

 

『下り坂をそろそろと下る』内容紹介

◆「これからの日本」をどうするか?◆

人口減少、待機児童、地方創生、大学入試改革…。

日本が直面する重大問題の「本質」に迫り、
あらためて日本人のあり方について論考した快著!

----
反アベノミクス派の皆さんでさえも、あまり口にしない大切な事柄がある。

子育て中のお母さんが、昼間に、子どもを保育所に預けて
芝居や映画を観に行っても、後ろ指をさされない社会を作ること。

私は、この視点が、いまの少子化対策に最も欠けている部分だと考える。

経済は重要だ。待機児童の解消は絶対的急務だ。

しかし、それだけでは、おそらく非婚化・晩婚化の傾向は変わらないし
少子化も解消されない。
---
雇用保険受給者や生活保護世帯の方たちが
平日の昼間に劇場や映画館に来てくれたら、

「社会とつながっていてくれてありがとう」

と言える社会を作っていくべきなのではないか。

失業からくる閉塞感、社会に必要とされていないと感じてしまう疎外感。

中高年の引きこもりは、社会全体のリスクやコストを増大させる。(以上、本文より)
----


◆私たちは、そろそろ価値観を転換しなければならないのではないか◆

他者の権利に嫉妬するのではなく、
「生活がたいへんなのに映画を観に来てくれてありがとう」と言える社会へ―。

若者たちが「戻りたい」と思える「まちづくり」とは?
日本が少子化問題を解決するための方策とは?

あたらしい「この国のかたち」を模索する。

 

◆絶賛の声、続々◆

内田樹氏:
日本は衰退期に入った。
だが、いまだ多くの人々はその現実から目をそらし、
妄想的な「富国強兵」路線にしがみついている。
その中にあって、背筋のきりっと通った「弱国」への軟着陸を提案する
“超リアリスト”平田オリザの「立国宣言」。

藻谷浩介氏:
避けてきた本質論を突きつけられた。
執筆中の本のシナリオも組み立て直さねば。
経済や人口に先立つのは、やはり「文化」なのだ。

この国に巣食う暗い闇のような根っこを指摘しながら、「この国の新しいかたち」を示唆する本です。これからの時代に備えて読んでおく本としておススメしたいです。

 

下り坂をそろそろと下る (講談社現代新書)

下り坂をそろそろと下る (講談社現代新書)

 

合わせて読みたい平田オリザさんの本

 

わかりあえないことから──コミュニケーション能力とは何か (講談社現代新書)

わかりあえないことから──コミュニケーション能力とは何か (講談社現代新書)

演劇入門 (講談社現代新書)

演劇入門 (講談社現代新書)

新しい広場をつくる――市民芸術概論綱要

新しい広場をつくる――市民芸術概論綱要

対話のレッスン 日本人のためのコミュニケーション術 (講談社学術文庫)

対話のレッスン 日本人のためのコミュニケーション術 (講談社学術文庫)

 

 ※おわび  写真を見て、女性だと思い込んでしまいました。そっくりな女性が知人にいたものですから・・・申し訳ございません。お詫び申し上げます。