読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

【気になる!売れてる本!】ビジネス書トップ10~ジュンク堂名古屋店のランキング~

僕が好きなのは「ビジネス書」です!

今日はジュンク堂名古屋店のランキングを紹介しちゃいます。(3月6日~12日)

ジュンク堂は、僕がいつも行く書店とはちょっと本の並べ方が違うし、新刊だけがピックアップされているわけではないので、新しい出会いがあってワクワクします。ぜひ、名古屋駅に行かれたら徒歩数分のジュンク堂書店にお出かけください。

では、一位から順番に紹介しますね。

 

1位、『幸せになる勇気』

幸せになる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教えII

 

2位、『自分を変える習慣力』

自分を変える習慣力 (ビジネスライフ)

 

3位、『嫌われる勇気』

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

4位、『結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる』

結局、「すぐやる人」がすべてを手に入れる

 

5位、『トヨタ式A3資料作成術』

今すぐ使えるビジネスの強化書 トヨタ式A3資料作成術 (TJMOOK)

 

6位、『天才』

天才

 

7位、『世界のトレンドが変わった!』

世界経済のトレンドが変わった!  襲いかかる負の連鎖

 

8位、『成功を習慣化する3つの記憶』

成功を習慣化する3つの記憶

 

9位、『最高のリーダーは何もしない』

最高のリーダーは何もしない―――内向型人間が最強のチームをつくる!

 

10位、『PDCAプロフェッショナル』

PDCAプロフェッショナル―トヨタの現場×マッキンゼーの企画=最強の実践力

 

僕はなんだか8位の横山信弘さんの『成功を習慣化する3つの記憶』が、とても気になります。絶対に良い本は間違いないと思うので、早々に読みたいです。

◆「絶対達成」の経営コンサルタントが初めて個人向けに綴る成功哲学!
人には3種類の記憶があります。そして、成功を引き寄せるためには3つの記憶装置を活用することが不可欠です。ではその3つとはなんでしょう?

1つ目は叶えたい夢や目標をインプットし、自らの意識を改革するための「短期記憶」。
2つ目は目標達成に必要な思考力を司る「長期記憶」。
3つ目は書籍や人脈等、あなたの脳の外側にあるすべての情報「外部記憶」。
「短期記憶」「長期記憶」を活用すれば自分の潜在能力を100%発揮できるし、
「外部記憶」を活用すれば周囲の力を100%引き出すことができます。

本書は、成功を引き寄せる習慣の作り方を、
論理的かつ情熱的に解説した1冊です。

◆目次
プロローグ―成功をもたらす3つの記憶装置

第1章 「3つの記憶」の役割―なぜ現代人はチャンスを引き寄せられないのか
意識を司る「短期記憶(=ワーキングメモリ)」
考えるための知識を蓄積する「長期記憶」
いざという時のインデックス「外部記憶」
「考えられる脳」を作る 等

第2章 「3つの資産」で成功の土台を築く―脳の中に一枚の宝の地図を描けているか
10代は、なぜ「旅」をすべきなのか
20代は、なぜ「仲間」を作るべきなのか
30代は、なぜ「リーダー」になるべきなのか
40代からは、なぜ「自分に問い」をすべきなのか 等

第3章 「3つの質問」で脳を活性化する―高い目標を正しく設定し、圧倒的な成果を出す方法
「ふわっとした返事」は脳にデータが入っていない証拠
多くの人が陥りがちな罠――「そもそも目標設定が適切でない」
目標が高ければ高いほどかかるストレスは低くなる 等

第4章 「仲間の記憶」を味方につける―なぜ関係資産が整うと加速度的にうまくいくのか
相手のワーキングメモリを味方につける
自分が本気になったとき、その本気に動かされた人があなたの仲間
マイナスの言動を減らし、正しい行動を増やす 等

第5章「3つの記憶」で成功のお花畑を作る―あなたにとって、本当の幸せとは何か
うまくいっている人には「4つ目の記憶」がある
点と線で考える本当の「幸せ」
人生の豊かさは記憶の引き出し方次第 等

エピローグ―動き出さない人に成功も奇跡も訪れない

 

 今日の押し本は、この2冊です!

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp