読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

【全国民に問う!】百田尚樹さんの『カエルの楽園』~現代日本を鋭く風刺する恐ろしい寓話~

『永遠のゼロ』『海賊とよばれた男』のメガヒットで確固たる地位を築き上げたかと思われた百田尚樹さんでしたが、最近ちょっと低迷気味です。でも、こんな時だからこそ良い本が書けると思います。この本は注目したいです。

百田尚樹『カエルの楽園』

カエルの楽園

 『カエルの楽園』内容紹介

最大の悲劇は、良心的な愚かさによってもたらされる。
ベストセラー作家が全力で挑んだ、衝撃の問題作。

安住の地を求めて旅に出たアマガエルのソクラテスとロベルトは、豊かで平和な国「ナパージュ」に辿り着く。
そこでは心優しいツチガエルたちが、奇妙な戒律を守って暮らしていた。
だがある日、平穏な国を揺るがす大事件が起こる――。

著者自らが「私の最高傑作」と断言。
大衆社会の本質を衝いた、G・オーウェル以来の寓話的「警世の書」。

(amazon引用)

カエルの楽園

カエルの楽園

 メールマガジンで配信していた小説みたいです。全く後先考えずに書いていたようで、風刺があまりに効きすぎて怖いくらいだそうです。ちょっと読むのに勇気が要りますが、こういう本こそ読んでおいたほうがいいのです。しかも早めに!

この恐ろしい結末に、あなたは耐えられますか?

 

fumihiro1192.hateblo.jp