読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

【戦後再認識】「自虐史観」って、一体何でしょう?~ケント・ギルバート氏に学ぶ「日本人」の姿~

 ケント・ギルバート氏は、テレビのコメンテーターとして活躍された時期があったので、僕らにとってもお馴染みの方です。とても柔らかい物言いから好感が持てますよね?そんな彼が出版したスパイスの効いた本です。面白いですよ。

近年出版されている戦争関連本のは、勿論日本の資料や証言をもとに書かれています。それは非常に一方的な見方で真実とはいえないのです。本書は米国側の一次資料をもとに丁寧に調べ、日本がなぜあの戦争を戦ったのかを明らかにしています。

この本には、あの戦争は一体何であったのか?なぜ、あの戦争に突入して行ったのか?ということについての真実が書いてあるのです。ぜひ、読んでおくべき本です。

やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人

 『やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人』内容紹介

おかげさまで前作『まだGHQの洗脳に縛られている日本人』(PHP研究所)は、多くの方に読んでいただけました。前作に対していろいろなコメントをいただくなかで、一つ感じたのは、「日本は悪い国だった」という自虐史観を強く植えつけられたせいで、多くの読者の皆さんが、日本人としてのプライドや誇りを持つことに、どこか抵抗感があるらしいということです。
人種差別意識に基づいた過酷な植民地支配を行い、植民地を奪い合って何百年も戦争を繰り返していたのは欧米諸国です。戦争には負けましたが、あのとき誇り高き日本人がいてくれたからこそ、今日の人類は、人種間の平等と繁栄を享受しているのです。
すべての日本人が自虐史観のアホらしさに気がつき、日本という国が真の独立主権国家へと復活し、国際的に強いリーダーシップを発揮することで、全世界がもう一段上のステージへと上がる未来を、私は待望しています。
(「まえがき」より抜粋)

やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人

やっと自虐史観のアホらしさに気づいた日本人

 一緒に読んでおきたい関連本を紹介します。

まだGHQの洗脳に縛られている日本人

まだGHQの洗脳に縛られている日本人

危険な沖縄 親日米国人のホンネ警告

危険な沖縄 親日米国人のホンネ警告

  • 作者: ケント・ギルバート,ロバート・D・エルドリッヂ
  • 出版社/メーカー: 産経新聞出版
  • 発売日: 2016/02/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
素晴らしい国・日本に告ぐ! (SERINDO BOOKS)

素晴らしい国・日本に告ぐ! (SERINDO BOOKS)