読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

【初対面克服!】『まずは「ドジな話」をしなさい』~梶原しげるさんに学ぶプロの人づきあい~

初対面の人と話をするのは難しいですよね?

もちろん、僕も苦手なんです。なかなか踏み込めないというか、どこまで話をしたらいいか分からないのです。当たり前ですよね?でも、世の中には、こんな「初対面」を楽々と乗り越えて話が出来る達人がいるのです。うらやましいですよね~。

今日はそんな話のプロの本を紹介します!

梶原しげる著『まずは「ドジな話」をしなさい』

まずは「ドジな話」をしなさい

 【新旧の人気者たちと接してきたアナウンサーが解き明かす、
「なぜか好かれる人」の極意! 】

●「ばかですねえ」と笑ってもらえば、愛される●

テレビ・ラジオ・雑誌のインタビューコーナーでは、多くの場合、
タレントや歌手などの出演者に、事前に「アンケート用紙」への記入を求めます。
そんなときに、制作側が聞きたいと思っているのは、じつは「ドジな話」。
どんな人とも話がはずみ、その人の「人柄」がクリアに浮かんでくるから。
人は他人の「ドジな話」が大好きなのです。
実際、「友だちになりたい」「また会いたい」と思われる人は、
「ドジから話す」ことをしています。
「強み」とともに「弱み」をためらうことなく披露できる人が愛されるのです。

アナウンサー歴40年超、新旧の人気者たちをつぶさに見てきた著者が、
豊富なエピソードとともに、「好かれる人」の秘密を解き明かし、
初対面からうまくいく「人づきあいの極意」を伝授します。

(amazon本の内容紹介引用)

まずは「ドジな話」をしなさい

まずは「ドジな話」をしなさい

最近、しっかり人の話を聞くように心がけています。「聞く」ことが大事だということに気が付いたからです。そう思っていてもなかなか出来ないんですけどね。でも、人の話を聞いていると分かってくることが沢山あります。

そのうちのひとつが、その人の「人格」です。

この人が、どこまで考えているのか、どこまで気を使っているのか、どうやってここまできたのか、だんだん立体的に分かってくるのです。

梶原しげるさんの本は、プロのアナウンサーの経歴を活かして「会話術」を教えてくれます。とても刺激的ですよ!ぜひ、勉強してみてください。

 一緒に読みたい梶原本を3冊紹介します。

心を動かす「伝え方」 また会いたくなる「話し方」 (講談社+α文庫)

心を動かす「伝え方」 また会いたくなる「話し方」 (講談社+α文庫)

毒舌の会話術―引きつける・説得する・ウケる (幻冬舎新書)

毒舌の会話術―引きつける・説得する・ウケる (幻冬舎新書)

会話のきっかけ (新潮新書)

会話のきっかけ (新潮新書)