読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

【海外ミステリー No1】 ”ドンデン返し”の魔術師  ~ジェフリー・ディーヴァーの切れ味に酔え!~

僕は、ジェフリー・ディーヴァーのファンです。

『ボーン・コレクター』は面白かったですからね。息が詰まるような展開と科学捜査の天才リンカーン・ライムの知恵と犯人のせめぎ合い。こういうミステリーは、なかなかお目にかかれません。絶対に読んでおくべきと思います。ファンになりますよ。

そのシリーズ第11作『スキン・コレクター』を紹介します。

スキン・コレクター

『スキン・コレクター』内容紹介

科学捜査官リンカーン・ライムは、犯罪の天才ウォッチメイカーが獄中で死亡したとの報を受けた。その直後、新たな難事件がもちこまれる―腹部に謎めいた文字を彫られた女性の死体が発見された。

犯人はインクの代わりに毒物で刺青を刻み、被害者を毒殺したのだ。現場で発見できた証拠物件はごくわずかだったが、犯人が残した紙片はニューヨークで起きたある連続殺人に関する書籍の切れ端だった―ライムが解決した“ボーン・コレクター”事件である。

犯人はボーン・コレクターの手口とライムの捜査術に学び、殺人をくりかえしているのか?次の犯行はどこで起きるのか?被害者に彫られた文字は何を意味する?スキン・コレクターの真の狙いはいったい何か?すべてを解くカギは証拠の中に!“

ドンデン返しの魔術師”ディーヴァーが放つ会心作。緻密な伏線と手がかりから、二重三重に擬装された衝撃の完全犯罪が浮かび上がる!

スキン・コレクター

スキン・コレクター

 

一緒に読んで貰いたい「リンカーン・ライム」シリーズ作

 やっぱり第一作目から読みたいですよね~。ぜひ、お楽しみください!

終盤で次々と明かされる意外な真相の鍵は、おなじみの証拠物件一覧に綿密に埋め込まれています。このミステリーの醍醐味がたまりませんね。

ボーン・コレクター〈上〉 (文春文庫)

ボーン・コレクター〈上〉 (文春文庫)

ボーン・コレクター〈下〉 (文春文庫)

ボーン・コレクター〈下〉 (文春文庫)

コフィン・ダンサー〈上〉 (文春文庫)

コフィン・ダンサー〈上〉 (文春文庫)

コフィン・ダンサー〈下〉 (文春文庫)

コフィン・ダンサー〈下〉 (文春文庫)

ウォッチメイカー

ウォッチメイカー