読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

生きるのが楽になる「分人主義」のススメ〜平野啓一郎に学ぶ人間関係の極意〜

冒頭部分を引用しておく 本書の目的は、人間の基本単位を考え直すことである。 「個人」から「分人」へ。 分人とは何か?この新しい、個人よりも一回り小さな単位を導入するだけで、世界の見え方は一変する。むしろ、問題は、個人という単位の大雑把さが、現…

森博嗣著『孤独の価値』〜人は、なぜ孤独を怖れるのか?〜

冬休みに、森博嗣先生の『やりがいのある仕事という幻想』を読んで驚いた。『すべてはFになる』に代表されるライトミステリーの気配は微塵もなく、深い考察というよりも、バッサリと切り捨てるような人生論を展開している。痛快過ぎるのだ。 僕の今の状態に…

2016年に僕が読んだ「良かった本」のベスト10

特に新刊に限っていませんが、僕が2016年に読んで良かった本を10冊紹介します。もちろん、再読本もありますし、人に紹介してもらった本もあります。でも、総じて省みてみると「直感」を信じて読むと良いように思います。 他の人が困っているときにおすすめ出…

トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦①②③を読もう!

お正月を無事に迎えることが出来ました。本当に良かったです。恒例のお正月読書を敢行します!課題図書はこの7年間変わっていないこの本です。『トム・ピーターズのサラリーマン大逆襲作戦①②③』「ブランド人になれ!」「セクシープロジェクトで差をつけろ!…

森博嗣先生に学べ!仕事で「人生」を見失わない方法。

今週のお題「2017年にやりたいこと」 やはり、2017年は「仕事」に向き合いたいです。避けて通れるものではないし、50歳を超えた僕にとってここからが正念場という感じに思うからです。「仕事」は、僕の人生のすべてではないし、一部でもないというバランスが…

今年中に、僕が読みたい漫画「ベスト10」を発表します!

僕が今年中に読みたい漫画ベスト10を、ここに記録しておきます。 もちろん、忘れないためではありますが、もしも皆さんにも共感いただけたら嬉しいです。速攻で1位の漫画は先ほど買ってきました。そして3位の漫画は先日読んで、読んでほしい人にプレゼントし…

職場の「不良債権的おじさん」を活かすマネジメントを学ぼう!

僕も「ベテラン社員」のことを厄介者と思っていました。すぐにへそを曲げるし、積極的にやらないし、昔の話ばかりして未来に向かわないから嫌いだったんです。でも、そういう自分もいつの間には「ベテラン社員」になってました(笑) この本は、そんな職場の…

あなたの人生を変える!不朽の名作「ドラえもん」の名台詞を紹介します!

豊田市美術館のミュージアムショップを歩いていたら、目に入ってきた本です。どうして買ってまで読んだかというと、この一番下に書いてあるセリフが僕自身の未来感を形成する核となった言葉だからです。 「未来なんて、ちょっとしたはずみでどんどん変わるか…

来年の仕事が変わる本!加藤昌治『アイデア会議』紹介します。

今年は会社で会議を開催することも、会議に参加することも多くなった一年だった。それは来年も加速されそうですので、それに備えて年末には勉強しておきたいと思ったので、この本を再読することにしました。 それは、加藤昌治著『アイデア会議』です。 こう…

今年最後に読む本は、西加奈子『 i (アイ)』で決まりです!

西加奈子は、すごい小説を書く。 彼女の小説は「生きる」ということを考えさせてくれる圧倒的な筆力がある。人間の強さと優しさと儚さと醜さを紡いで小説にしてくれる。読まないといけない、読むべき小説なのである。現代社会に挑戦するスリリングな物語です…

【期待本】伊賀泰代の『生産性』組織と人材をあきらめてしまわないために

「もしかして、ちきりんは伊賀泰代さんなのでは?」こんな都市伝説が流れているのを知ってますか?僕は先日友人にこの話を聞きましたが、「ありえる!」と思いました。でも、そうであって欲しくは無いなぁと思います。 それはさておき、伊賀泰代さん良いです…

今年読みたいマンガ大集合!『このマンガがすごい!2017』

僕はマンガも大好きです。先週もバカボンドが読みたくて、それを読むためだけに理髪店に行きました。第8巻まで読みましたが、最高のマンガでした。やっぱり間違い無いですね。マンガ最高です! ハズレを引かないためにも、他の人が耳元で「このマンガいいよ…

『危険な読書』今月号のBRUTUSで「人生」が変わっちゃうかも!

僕はドキドキするような危険な読書をしたくてしかたありません。もちろん、活字中毒か?というくらいに本を読んでますが、ドキドキする本はなかなかないですからね。こういう雑誌で予習しておくと、出会える可能性が上がるんですよね! 今月号のBRUTUSは『危…

【注目本】切れ味抜群の作品集です!芦沢央著『許されようとは思いません』

『罪の余白』が結構売れたので名前を知っている人も多いと思いますが、今日は芦沢央さんの『許されようとは思いません』を紹介します。とってもキレがあるハイレベルな作品集ですので、冬休みのお供にいかがでしょうか? 僕はこういう暗黒ミステリー大好きで…

『このミステリーがすごい!』2017年度版 お待たせしました!

待ちに待った『このミステリーがすごい!」2017年度版が出ました。毎年、12月にこの雑誌が出るのを楽しみにしているんです。これを読むと、今年一年のミステリー界の復習が出来ますし、読み残した本をチェックすることが出来ます。 僕は88年度版から毎年…

『「しつこい怒り」が消えてなくなる本』で、心のクセを変えてみよう!

もう読まれましたか?『「しつこい怒り」が消えてなくなる本』 オールイズワン代表で、心理カウンセラーの石原加受子さんが書かれた大ベストセラー本です。僕もうまく心をコントロール出来る時もあるんですが、出来ない時もあったりして・・・もう少し心穏や…

キングコング西野は進化していた!『魔法のコンパス』を読むべし。

昨日、絶対読み切ると決めた本ですが、いつの間にか朝になっていました。徹夜は体に良くないということを、しっかりと再認識させてくれる良い日になりました。でも、こういう良い本は機会を逃さずに読んでおきたいんですよね。 今日、紹介するのは西野亮廣さ…

めしょん『世界でいちばんうれしい言葉』わくわくメッセージ56!

調子が出ないときは、こういう本を読みましょう。 頂き物なんですが、もりもりと元気が出てくるんです。 参考にp、33を開いてみると、こんなことが書いてあります。 「出会い」は、あなたの考え方、生き方、行動、選択全てに影響を及ぼすわけなんだけどあ…

『新しいお伊勢参り』を読んでから、伊勢神宮に行こう!

2013年に発刊された本ではあるが、とても面白く読めた。なぜなら、目の前に「伊勢神宮」に行くという目的があったからだ。人間、目的が明確だと集中できるなぁと感じさせてくれた一冊となりました。会社の休憩時間に読み終えました。 『新しいお伊勢参り』内…

『タイムマシンでは、行けない明日』こんな恋愛小説も良いかも!

それほどメジャーになりそうにないですが、妙に僕に引っかかってくる本です。基本、子供の頃から「タイムマシン」を扱った小説に弱いので、惹かれてしまうのかも知れません。僕の強い願望が入っているんでしょうね。 最近、よく「ドラえもん」のたとえ話をす…

『朝の余白で人生を変える』池田千恵さんに学ぶ毎日を輝かせる方法!

池田千恵さんの新刊がでます!お友達なので宣伝させていただきます(^ ^) 『朝の余白で人生を変える』内容紹介。 朝のひとときは、自分のための「余白」の時間。「朝活の第一人者」がおすすすめする早起きで毎日を輝かせる方法。朝いちばんの心の「余白」が1…

【ヤバイ本】梶山三郎『トヨトミの野望』〜小説・巨大自動車企業〜

とても面白いけどヤバイ本を紹介してもらいましたので、みなさんにも紹介したいと思います。こういうヤバイ本はリアリティがあって示唆に富んでいます。ぜひぜひ、読んでみてくださいね。きっとためになりますよ! トヨトミって、きっとトヨタ自動車のことな…

【科学って面白い】『はじめてのサイエンス』で新鮮な学びを味わおう!

僕にはよくわからない世界があります。それは「物理」「数学」「科学」の世界です。実は苦手な世界だったので、よく確かめもせずに逃げてきました。逃げ回るのも疲れてきたので(笑)せめて読書で立ち向かうことにしました。 一番良いのはこういう入門書を読…

【この本を愛読する理由はここにある!】福岡伸一先生の『生物と無生物のあいだ』

僕の一番好きな新書は、この本です。2007年に発刊されたこの本を超えるものに、僕はまだ出会えていません。もしかしたら、出会っているのかも知れませんが、あまりにこの本が好きで、それを超えられないのです。とっても良い本です。 一番好きな部分は、第9…

心が疲れたらアドラーを楽しもう!『人生に革命が起きる100の言葉』

友人の山内さんにおすすめいただいた本をコツコツ読んでおります。彼は有名なブロガーなので、おすすめしてくれる本にはずれがありません。僕と違う視線も持ってます。こういうコネを持っていると刺激的な本に会えるので本当に幸せです。 今回、紹介いただい…

『流しの公務員の冒険』を読んで熱くなれ!〜腕一本で渡り歩く行政の職人〜

今朝、朝刊を読んでいて見つけた本です。絶対に面白いと思います。僕もまだ読んでいないのですが、早々に紹介したかったのでブログに載せてしまいました。熱い人の生き方は心の清涼剤になりますからね。おすすめします。 『流しの公務員の冒険』内容紹介。 …

【映画化決定!】『聖(さとし)』悲運の天才棋士;村山聖の短く激しく燃えた生涯

『聖(さとし)の青春』が映画化され、2016年11月19日から全国ロードショーが展開されます。主演は松山ケンイチ、原作は大崎善生です。僕は将棋をいまいち理解していないけど、この作品はとても楽しみにしています。 そもそも羽海野チカ先生の『3月のライオ…

『コンセプトのつくり方』〜たとえば商品開発にも役立つ電通の発想法〜

ときどき違う視点を持ってものごとを考えたいと思っているので、違う世界の本を読むようにしている。今日は今話題の「電通」という言葉が入った本だ。「電通」の発想法がすごいのか、そこは最後までわからなかったが面白かった。 僕たちの脳みそが「間違えた…

【紹介新書】「本音を言えばハッピーなの?」堀江貴文『本音で生きる』

この本はタイトルからして読むつもりはなかったのですが、ぱらぱらと目次を眺めたが刺激的だったので買って読むことにしました。2016年の上半期に話題をさらったホリエモンの新書です。いちおう、ベストセラーです。 僕が気になった「目次」はこちらです…

【お勧め本!】野地秩嘉『打ち合わせの天才』〜打ち合わせの意義やノウハウを達人に学ぼう!〜

僕は野地秩嘉(のじつねよし)さんのファンなので、どうにも贔屓目にみてしまうが、この本は本当に面白い。おもわず吹き出してしまうような言い回しに満ちている。しかし、紹介するこの本のメインテーマは意外にも「打ち合わせ」なのだ。 僕自身も会社でもプ…

【読まなきゃ損!】植島啓司『偶然の力』〜この事象は偶然なのか、必然なのか?〜

今日は京都に遊びにいって友人と話をしました。話題は身近なことから人生観まで多岐に渡りましたが、僕の発言がかなりこの本『偶然の力』に影響を受けていることに気がついたので再度アップします。本当に良い本なんですよ。 『偶然の力』内容紹介。 ビジネ…

【進化する食事】細野恵美『一流のアスリートの食事』〜勝負メシの作り方を教わりましょう!〜

最近、ダイエットしている。体重を減らして健康を取り戻すためだが、結構辛い。イライラしてやけ食いしてリバウンドするというストーリーが目に見えている。そうならないように気を引き締めて年末まで過ごしたい。出来るだろうか? そんな「食事」が気になる…

【全世界で300万部の感動作】『WONDER』〜どうにもきになる不思議な本〜

「本」って、すごいんですよ! 「本」が好きな人には恩返しをしてくれるんです。ピンチの時にどこからともなく現れて色々教えてくれるんです。たいていの悩みは解決してくれます。今日は僕にこんな素敵な本をプレゼントしてくれた人がいました。これも運命で…

【天才:有川浩】『アンマーとぼくら』〜「過去は変わらない、変えられるのは今だけだ」〜

このサブタイトル、「過去は変わらない、変えられるのは今だけだ」という言葉に否定的な講演をしたばかりなので気がひけるけれど、天才:有川浩さんが素敵な本を出されたので紹介せずには入られません。本当にシビれました。 内容について書いてしまうとネタ…

【オススメ本】宮下奈都さんの『スコーレNo.4』 〜次に向かう力が欲しい時読む本〜

「スコーレ」は、スクールの語源になったギリシャ語です。真理を探究するための空間的場所を指します。この本は、家族、恋愛、仕事、結婚の4つのスコーレの物語です。次に向かう力が欲しい時読む本です。良いですよ。オススメします。 自由奔放な妹・七葉に…

重松清『流星ワゴン』 〜あなたの人生の岐路は今かも知れない〜

とても心に残る本がある。友人がぜひ読めと勧めてくれたので読んだのだが、心に刺さる本となった。勧めてくれた友人には、本当に感謝している。「人生を変えるのは今しかない」ということを心に刻みつけてくれるナイスな本です。 小説の力ってのを感じさせて…

【逆説的人生論】諸富祥彦『人生を半分あきらめて生きる』〜焦り苦しむより、あきらめよう!〜

すごくいい本見つけましたので、紹介しますね! 諸富祥彦さんの『人生を半分あきらめて生きる』です。 僕もなかなかあきらめきれなくて、良い人に思われたかったり、仕事ができないと悩んだり、お金持ちになりたかったり、眠れなかったりします。悩んでいる…

【本当か?】『年収90万円で東京ハッピーライフ』〜読めばわかる!地味な心の磨き方〜

「まだ東京で消耗しているの?」と人の神経を逆撫でするようなタイトルの本が出たかと思えば、全く真逆のタイトルの本が出たりします。これは面白い事ですよね。僕はこちらの本の方がすっと入っていけました。あなたはどちらを選びますか? 『年収90万円で東…

【注意!ちょっとネタバレあり】浦沢直樹『ビリーバット 20巻 (完結)』 〜さらばビリーバット!さらば人類!〜

浦沢直樹先生の『ビリーバット』が遂に20巻で完結した。縦横無尽のSF歴史大河と言われるだけある読み応えのある漫画だった。どこで連載されていたのかは知らないが、僕はこの漫画が発売されるのを楽しみにしていたので、非常に残念である。 たくさんのメッ…

わたなべぽん『やめてみた。』 〜本当に必要なものが見えてくる暮らし方・考え方〜

家に帰ってきたら、この本が落ちていた。 わたなべぽん『やめてみた。』 サラサラと読んでみたら、予想以上に面白いので紹介したい! わたなべぽん『やめてみた。』内容紹介。 累計30万部を突破した『スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せま…

【禁断の新書】中川淳一郎の『バカざんまい』〜こんなにバカでいいのか?〜

こういう新書をたくさん読みたいと思う。教養のための新書や自己研鑽のための新書はたくさんあるけれど、この本はそういう世界とは縁遠い本だ。そこは手放しに素晴らしいと思う。やはり型にはまらずに「バカ」でありたいものである。 『バカざんまい』内容紹…

利益は「率」より「額」をとれ!〜利益最大化のための6つの「逆説的」方法〜

ちょっと古い本ですので、読んだ方も多いかと思います。今日は、坂口孝則さんの『利益は「率」より「額」をとれ!』を紹介します。とても面白くて、簡単に騙されてしまう僕たちに「数字」に対する警告を発しておられます。 最近になってやっとこの内容が分か…

【会社員!この本読んどけ】稲垣えみ子の『魂の退社』〜アフロがさらにクールで涙が出ます!〜

今週のお題「プレゼントしたい本」 仕事で心がすり減っている人にプレゼントしたい本です! そうなんだよね。 大事なことは「給料」のために争うことではなくて、心豊かに生きて行くためなのに忘れてしまいがちですよね。僕はあまり会社では笑えません。人を…

【お勧め新書】千住博『日本画を描く悦び』〜僕たちは何に感動し心動かされるのか?〜

僕はもちろんのこと芸術的センスはない。だけど、毎週でも美術館に通いたいと思っている。昨日も美術館を題材にしたテレビ番組が放送されていて「行きたい!」と凝視していると「理解できないのに、どうして好きなの?」と言われた。確かに不思議だ。 芸術作…

【おすすめ新書】僕がプレゼントしたい新書ベスト10 〜息子に読んでほしい本はこれだ!〜

今週のお題「プレゼントしたい本」 僕は新書で10冊選んでみました。全て自分の息子に読んでもらいたい本です。新書は安くて薄くてたくさん読めるからいいですよね。是非是非、浴びるように読んで自分の人生を豊かにしてください。 新書版(173×105mm…

【もう一度読みたい文庫 第1位】西澤保彦『方舟は冬の国へ』〜ネタバレなしです〜

今日はふらりとリアル書店に行ってきました。愛知県豊田市にある「精文館書店」さん、文房具も充実している最高の本屋さんです。配列もポップも素晴らしいとしか表現できません。いつもお客さんで溢れている理由がここにありますね。 以前、この書店の役員の…

【効果抜群!】15万部突破の新書『鋼のメンタル』〜最強のメンタルコントロール術〜

賛否両論ありますが、僕は百田尚樹さんの本が大好きです。それほど小説の方は読んでいないのですが、新書で発売された『大放言』はとても糧になりました。物事に対する考え方の切り分け方を教えてもらった、僕にとっての良書です。 今回の新書は『鋼のメンタ…

【ビジネス本紹介】青木慶哉さんの『感謝される営業』〜そんな売り方で誰が買いますか?〜

『感謝される営業』まさにグッとくるタイトル! 営業ってバランスが要求される難しい仕事ですよね。会社の代表で話をつけてくるので、時としてお客さんは「敵」になってしまう場合もあるのではないでしょうか?そんな時、この本を読むといいと思います。 僕…

文化人類学者:上田紀行に学ぶ『生きる覚悟』〜後世に負の遺産を残さないために、やるべきこと〜

文化人類学者で東京工業大学リベラルアーツセンター教授の上田紀行さんの『人生の逃げ場』を読んで、大きな感銘を受けたので、他の著書も読んでみました。とても良いのでベットサイドにおいて寝る前に繰り返し読もうと思います。 今回、読んだのは『生きる覚…

オリンピック代表:吉田沙保里が教えてくれたもの

昨日、友達と昼ごはんにラーメンを食べていた時に「吉田沙保里、負けるかもな」と、その友人はつぶやいた。彼はいい予感は当たらないけど、悪い予感は百発百中という能力の持ち主なので「もしかして……」と思っていたら当たってしまった。 男2人でご飯を食べ…