フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

起業でも副業でも、もちろん本業でも!『自分を最高値で売る方法』

先週、僕のプライベート名刺が届きました。僕は名刺にはかなり気を使っていて、信頼出来る業者の方にお願いするようにしています。そこで肩書きもデザインも内容も決めるのです。だって、プライベート名刺だから自由ですよね。でも、会社の肩書きを背負って…

マイカー半減!トヨタはどう生き残るのか?『MaaS モビリティ革命の先にある全産業のゲームチェンジ』

自動車は徹底的に人類を幸せにしてきました。何時間も、何日もかかるような場所にでもドアからドアくらいのイメージで移動出来てしまうのです。これは昔の人からみたら、夢のような話ですよね。子供の頃に重い荷物をもって、バスを乗りついて出かけていた祖…

【ランキング発表です】ビジネス書トップ10(ジュンク堂書店名古屋店調べ 2019年1月6日〜12日)

恒例となりましたビジネス書トップ10を報告します。今日発表するトップ10は、ジュンク堂書店名古屋店調べ2019年1月6日〜12日の集計結果です。ジュンク堂書店名古屋店は名古屋駅前のすごく良い場所にある素敵な書店なんですよ。 目次です 第10位、東海友…

賞金百万円!第160回直木賞を受賞したのは真藤順丈さんの『宝島』

英雄を失った島に、新たな魂が立ち上がる。固い絆で結ばれた三人の幼馴染み、グスク、レイ、ヤマコ。生きるとは走ること、抗うこと、そして想い続けることだった。少年少女は警官になり、教師になり、テロリストになり―同じ夢に向かった。超弩級の才能が放つ…

2019年このミステリーがすごい!ダントツの第1位は『それまでの明日』です

20年以上前に『私が殺した少女』を読んだ。すごい作家がいるものだなぁと感心したことをよく覚えている。こういう作家さんの作品は全部押さえておきたいなぁと思っていて、月日が流れてしまった。持て余すくらい時間はあるので、ゆっくりと本を読みたい。人…

ドラゴン・タトゥーの秘密が明かされる衝撃作!『ミレニアム5 復讐の炎を吐く女』

『ミレニアム』の三部作はとてもスリリングで面白い小説であった。でも、映画はもっと面白かった。僕はジェットコースターに乗る子供のようにはしゃぎながらこの小説と映画を楽しんだ。こういう名作にはなかなか出会えないと思う。その三部作に追加で『ミレ…

【ランキング発表です】2018年1月8日 トーハン調査の単行本ベストセラーです

最近、ビジネス書ばかり読んでいて普通の文芸書まで手が出せていないので、ちょっと心が寂しがっているような気がします。求めているものが全く違うので少し生き抜きするくらいのつもりでじっくり本に向き合いたいですね。今日は単行本・文芸書のベスト10…

【ランキング発表です】ビジネス書トップ10(丸善名古屋本店調べ 2018年12月30日〜2019年1月5日)

今日はビジネス書の売れ筋ランキングをブログで発表することにいたします。丸善の名古屋本店調べの2018年12月30日〜2019年1月5日の間での売れた順番に発表いたします。名古屋色が強くて面白いですよ。では、早速始めます。 目次 第10位、長倉顕太『モテる読…

100時間に及んだ対談をまとめたすごい本!『悩みどころと逃げどころ』

僕はよく人生に行き詰まります。それはそもそも僕が持っている選択肢が少ないせいで、それを多くすればもう少し楽に生きていけるんだろうなぁと思ってます。だから、ラジオやポッドキャストの人生相談をよく聴きます。そんなことをしても全然役に立たないだ…

問題を解決するリーダーのための具体的行動『日本電産永守重信社長からのファックス42枚』

「すぐやる!必ずやる!出来るまでやる!」という日本電産の永守重信さんの有名なセリフですよね。これしか我々の勝つ方法はないと言ってみえたそうなのですが、最近になってその意味がよくわかります。 今日はそのガイドブック的な本を紹介しますね。 『日…

向き合うってこういうことかな?『すいません、ほぼ日の経営。』

僕自身、思い切り「組織人間」です。それも恐ろしいほどの勢いで、その「組織人間」として完成されつつあるように思いますし、周囲で働いている人でさえ、そうでないと許せない人になりつつあります。企画書はもちろんのこと、会議も、発言も、課題解決も・…

オススメ本です!『会計が動かす世界の歴史 なぜ「文字」より先に「簿記」が生まれたのか』

縁あって突如経理に異動になったのですが「数字なんて大嫌い」だった僕が、会計大好きになりました。会計は面白いです。しっかり分析すれば、いろんな答えをくれるし、方向性も示してくれるからです。もし生まれ変われるなら、学生のうちから会計の勉強をし…

白石泰三著『パラレルワールドで待ち合わせ』決めた未来で待っている?

5年前の僕ならこんな本は読まなかったと思います。スピリチュアル系の本など、どこか宗教勧誘みたいな感じがして、完全否定しておりました。でも、年齢を重ねるにつれて、どこかこんな世界感も外せないことに気がつきました。人生をゆっくりと歩いていくため…

一流は常に常識を疑っています!『あたりまえを疑え。自己実現できる働き方のヒント』

「常識に縛られたら思考は停止する」この言葉は昔からよく言われていることだが、成功が邪魔をしてなかなか常識を打破出来ないのが現実なのだ。僕は成功者ではないけど、基本は「と、と、ぱ、の法則」を使って生きるようにしている。これは昔、なにかの本で…

自由に生きて行く24の方法を伝授!『言いなりの人生は”いますぐ”やめなさい。』

岡崎かつひろさんは2017年に『自分を安売りするのは、いますぐやめなさい』と言う本を出しておられます。そして最新刊は2019年の初頭に発刊されます『憂鬱な毎日はいまずぐやめなさい』が最新刊であります。このいますぐやめなさい三部作は、単純で解りやす…

【イベントも注目!】『クレイジーで行こう!グーグルとスタンフォードが認めた男「水道管」に挑む』

日経BP社の坂巻編集長がこんなことをFacebookで発信しておられた。 1月の新刊『クレイジーで行こう!』、発売前ですが、刊行記念著者トークイベントの募集が始まりました!代官山蔦屋書店様にて1月26日(土)19時30分~。ゲラを読んだ蔦屋ご担当者様に「熱血の…

僕が2019年にお勧めする面白い漫画5冊

お正月休みなので部屋にこもって仕事をしている。他にやることがないのか?といわれたらそれまでだけど、締め切りも迫っているので、この仕事を仕上げてからゆっくりと休みたい。でも、終わった頃には連休は終わっているだろう。仕事の合間にブログを書いた…

会社はいつまで待っても変わりません!すぐ始めよう『働きアリからの脱出:個人で始める働き方改革』

年末に次女と2人で話をする時間があったので、その時の話をします。彼女は特に優れた運動神経を持っているとか頭脳明晰というわけではないですが楽しく生きています。でも、やっぱり時々つまずくみたいなのでそこの話をしました。今まで生きてきたのはお父さ…

メディアを使いこなして自分を精一杯売り込もう!『キャラがすべて!』

面白い本を見つけてきましたよ。名古屋地区では売れてないように思うのですが(間違っていたらすいません)こういう本を発掘してくるところに、本好きの醍醐味がありますよね。簡単にいえば個人ブランド構築戦略と思ってください。 15秒で惹きつけ、1分でフ…

マツダミヒロさんにコミュ構築を学ぼう!『コミュニティをつくって、自由に生きるという提案』

2019年の最初の本紹介はこれでいきますね!マツダミヒロさんの『コミュニティをつくって、自由に生きるという提案』です。僕も本当は自由になりたいからブログを書き始めたのですが、最初に思ったのが「コミュが要るなぁ」ということです。情報を拡散させる…

2018年ベストビジネス書は『「イノベーターのジレンマ」の経済学的解明』です

2018年の5月に発売されたこの本をまだ読んでいないことが、今年の心残りの一つではありますので、大晦日のこの寒い日に僕の読書ブログにアップしておこうと思います。帯にも書いてあります通り『破壊的名著』です。週刊ダイヤモンドに2018年ベストビジネス書…

注目の本!これは読んでおきましょう。中野信子著『メタル脳 天才は残酷な音楽を好む』

発売前から注目されています中野信子さんの最新刊が2019年1月30日に発売されます。もうすでに話題になっていて、僕のアンテナに引っかかってくるので、既刊本以上の出来栄えであることは間違いないと思いますので、絶対に買いです! メタル脳 天才は残酷な音…

「あんた、もっと勉強せなあかんな」『イオンを創った女 評伝 小嶋千鶴子』

僕は良い本を読みたいので色々なところにアンテナを立てて情報がひっかかるようにしているのですが、何度も引っかかってきててもなかなか読めていない本を紹介しますね。良い本には間違いないのです。 岡田屋呉服店という家業を、ジャスコという企業へ、さら…

クラスが落ち着く!!低学年にも効果抜群『ホワイトボード・ミーティング』

僕もサラリーマン生活が30年になりますが、ホワイトボードを使ってミーティングを行わない日はないと言って良いと思います。毎日、メンバーを集めて課題事項を書き出し、誰がいつまでに何をするのかを決めます。そして次の日の朝は、その進捗報告をして、完…

『行列日本一スタミナ苑の繁盛哲学』の商売哲学を学べ!

「手を抜いたらその分明日暇になるんじゃないかと不安なんですよ。手を抜かなければ暇でも『仕方ない』で、すませられるけど『手を抜いたからお客さんが来なかった』と思うのが嫌なんだ」という豊島さんの言葉が飛び込んできました。こういう風にインパクト…

2018年に読んでおく本『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?経営における「アート」と「サイエンス」』

僕はエリート社員ではないですけど、結構足繁く美術館に通って絵画鑑賞を楽しんでいる。絵画についての知識があるわけではないので、音声ガイダンスを必ず借りて、それを頼りに美術館を楽しんでいる。とても贅沢な時間だ。どうしてこの目の前になる絵画が評…

深い深い成功の秘訣がここにあります!『成功している人は、どこの神社に行くのか?』

『成功している人は、なぜ神社にいくのか?』読まれましたか?とても面白くて興味ふかい本でしたよね。読んでいない人は読んで損はないと思います。僕の家の本棚に積みっぱなしなので、うちに来て読んでも良いですよ(笑)そんな話はひとまず置いておいて、…

『日産自動車 極秘ファイル2300枚』絶対権力者と戦ったある課長の死闘7年間

読み始めると吸い込まれるようにこのストーリーに引き込まれていきます。会社という組織を知っていればいるほど、納得の出来る内容です。自分たちの日常にある「仕事」が、どのように腐っていくのかよくわかります。腐っていても気がつかない場合もたくさん…

2018年を代表する本はこれで決まり!『ホモ・デウス』テクノロジーとサピエンスの未来

今年、出版された本で1番を決めるなら筆頭候補は『ホモ・デウス』ですね。そもそもベストセラーになった『サピエンス全史』の著者の最新作なので、面白さは保障付きでした。我々を圧倒するような歴史分析は面白いです。長い冬休みはちょっと腰を落ち着けて…

シャッター街再生の全く新しいビジネスモデル!『名古屋円頓寺商店街の奇跡』

僕は文房具朝食会@名古屋というコミュを運営しているのですが、この話題の「円頓寺」でやってます。本当にたまたまなのですが、知り合いのノートとカフェのお店No detail is small というお店がここでオープンしたからです。それほどさえない商店街という感…