読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フミヒロの読書記録~良書で人生を変えよう~

良い本を読んで、思考と行動を変えましょう。僕の読んだ本と読みたいお勧め本を紹介していきます。

【運命転換思考】一生かかっても身につけたい5つの「働き方」改革

運命転換思考 一生かかっても身につけたい5つの「働き方」改革

 

 

どんなに幸せでも、満たされていても「運命」を変えたいという欲望はありますよね。僕も全く違う人になって違う人生を歩いてみたいような気がします。なかなか勇気はないですが、そういうきっかけを作ってくれる本になると良いですね。

 

それでは早速内容紹介します。

 

 年収1億円超えの顧客を50人以上抱えるカリスマFPが贈る、年収1億円思考の決定版! 

その人はなぜ、運命を変えられたのか?

思考を変えることで運命が使命に変わり、生き方が激変する。
その「究極の思考」と「仕事で幸せを手に入れた」人たちの
「思考」「言葉」「行動」「習慣」「性格」を実話とともに解明する本。
地獄から這い上がってきた人たちのアドバイスを50、詰め込んだ超実践的な1冊。

変わりたいあなたは必読の書!

 

運命転換思考 一生かかっても身につけたい5つの「働き方」改革

運命転換思考 一生かかっても身につけたい5つの「働き方」改革

 

 

 

合わせて読んでいただきたい僕の読書ブログ

 

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

 

娘に読ませたい本『「死ぬくらいなら会社やめれば」ができない理由(わけ)』

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

 

 娘(大学一年生)が、「本を読みたいので何かお勧めしてよ!」と言ってきたので、本を読むことが好きになることと、しっかりした人生訓を身につけて欲しいのを両方満たしてくれそうなこの本をチョイスしてプレゼントしました。

 

なかなか気が利いているでしょ?(*^_^*)

 

 

『「死ぬくらいなら会社やめれば」ができない理由(わけ)』内容紹介。

 

Yahoo!ニュース、東洋経済オンライン、ダ・ヴィンチニュース、LINEニュース、マイナビニュース、
産経ニュース、アゴラ、グノシー、スマートニュース、livedoorニュース、
exciteニュース、gooニュース、mixiニュース、infoseekニュース、
FM FUJI「GOOD DAY」にて紹介! 
圧倒的な勢いで拡散され続けている話題作! ! 

仕事に追われるすべての人へ。
その仕事、自分の命より大切ですか?

「これ、まんま私のことだ。」「この漫画は命の恩人です。ありがとう。」「涙が自然と流れてきて止まりません。」
とTwitterで30万リツイート! この漫画で助けられた人続出! 
NHK、毎日新聞、産経新聞、ハフィントンポストでも紹介された 話題騒然の過労死マンガを書籍化しました。 
精神科医・ゆうきゆう(『マンガで分かる心療内科』シリーズ)が監修・執筆を担当し、 過労死・過労自殺する人が「死ぬくらいなら辞めれば」ができない理由をわかりやすく解説しながら、 仕事や会社に追いつめられている人がどのようにすればその状態から抜け出し、 自分の人生を大切にするための方法と考え方を描きおろしました。
また、過労やうつ状態から抜け出して幸せになった人を取材して描きおろした「実録! ブラックな状況を抜け出しました」も収録。
もうあのような過労自殺の事件を繰り返したくない。
現代日本で働くすべての人に必読の1冊です。

 

監修・執筆協力/ゆうきゆう
精神科医・作家・マンガ原作者。東京大学医学部医学科卒業。 医師としての診療をしながら、読者数16万人のメールマガジン「セクシー心理学」を発行。 Twitterのフォロワーは約40万人。 また『相手の心を絶対に離さない心理術』(海竜社)などの書籍の他、『マンガで分かる心療内科』、『マンガで分かる肉体改造』、『モテるマンガ』、『おとなの1ページ心理学』(以上、少年画報社)などのマンガ原作も手がけ、総発行部数は400万部を超える。 ゆうメンタルクリニック・ゆうスキンクリニックグループ総院長。


著者/汐街コナ
広告制作会社のグラフィックデザイナーを経て漫画・イラストの活動を開始。 装丁画・挿絵・ゲームキャラクターイラスト等をてがけている。デザイナー時代に過労自殺しかけた経験を描いた漫画が話題になり書籍化。

 

 

隣で娘が読み始めていますが「深い・・・」と唸ってます。お勧めです。

 

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

「死ぬくらいなら会社辞めれば」ができない理由(ワケ)

 

 

 

合わせて読んでいただきたい僕の読書ブログ。

 

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

 

池端美和著『どんなピンチも女を謳歌しながら乗り越えた。私、やりたいことは、決してあきらめない!』

どんなピンチも女を謳歌しながら乗り越えた。私、やりたいことは、決してあきらめない!

 

 

今日、引っかかってきた本です。

 

池端美和さん?一体どんな人なんだろうか?ちょっとホームページで調べてみましたところ「美容家」という肩書きをお持ちみたいです。それらしい構成のページになっていますが、こういう本を読みなさいという神様のお告げというやつですね。

 

『どんなピンチも女を謳歌しながら乗り越えた。私、やりたいことは、決してあきらめない!』という、すごいタイトルが付いてます。女を謳歌するって、どういうことなんでしょうね?男とか女とか人生を楽しむのに関係あるのかな?楽しみな本です。

 

あれ?この本、4月27日発売ですね。先行予約しておこうかな。

 

miwaikehata.com

どんなピンチも女を謳歌しながら乗り越えた。私、やりたいことは、決してあきらめない!

どんなピンチも女を謳歌しながら乗り越えた。私、やりたいことは、決してあきらめない!

 

 

 

 

合わせて読みたい僕の文房具ブログ。

 

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

 

【国鉄民営化30年】葛西敬之『飛躍への挑戦』が売れてます!

飛躍への挑戦 東海道新幹線から超電導リニアへ

 

今、超がつくほど売れている本です。こういう熱いストーリーをみんな望んでいるんでしょうね。僕にはなんとなく、「リニアって要るのかな?」という気持ちが拭い去れないんですけれども、そんな気持ちも合わせて読むと面白いと思います。

 

 

『飛躍への挑戦』内容紹介。

 

東海道新幹線から超電導リニアへ
国鉄民営化30年─我が回想と秘録

東海道新幹線システムを完成域まで
高めた半世紀の進歩と飛躍の歴史。
そして超電導リニアへのドラスティックで
壮大な挑戦へのドラマ。

第一部 国鉄時代
一 東海道新幹線の開業
二 東海道新幹線システムの習熟と延伸
三 欧州における高速鉄道の発展

第二部 国鉄改革と東海道新幹線
一 国鉄分割民営化へいたる流れ
二 「土光臨調」発足
三 国鉄再建監理委員会の審議と答申
四 国鉄分割民営化への分水嶺~要員削減と雇用対策
五 「新幹線保有機構」対「JR東日本ハブ会社」構想
六 迷走したJR東日本の社長人事

第三部 「三正面」を突破するJR東海の基本戦略
一 JR東海に着任
二 基本戦略は「三正面作戦」
三 東京と名古屋に「参与会」設置(昭和六二年五月)
四 100系新幹線車両の大量発注(昭和六二年六月)
五 リニア対策本部設置 (昭和六二年七月)
六 ドイツの〝常電導〟リニア実験線視察(昭和六二年一二月)
七 「時速二七〇キロ化プロジェクト」発足 (昭和六三年一月)
八 JR東海によるリニア実用実験線の建設提起 (昭和六三年六月)
九 東海道新幹線時速二七〇キロ化計画決定

第四部 三正面作戦の到達点
一 リース料負担の見直しが「新幹線保有機構」解体の突破口に
二 中央新幹線の一元経営を公文書で確認
三 東北新幹線の東京駅乗り入れと直通運転の是非
四 株式上場準備始動
五 「新幹線保有機構」ついに解体
六 東海道新幹線品川駅設置への曲折
七 二分したJRの労使関係
八 「のぞみ」運転開始
九 三正面作戦の成果

第五部 東海道新幹線システムの完成
一 時速二七〇キロ時代の開幕
二 労組が「のぞみ」不安全キャンペーンを展開
三 「減速闘争」封じ込め
四 社内の一部に「100系」回帰論
五 新大阪駅プラットホームの利用調整
六 JR西日本の戦略車両「500系」
七 700系を共通制式車両化
八 東海道新幹線品川駅の開業と二七〇キロ化の完成
九 進化し続ける新幹線システム
一〇 土木構造物の長寿命化
一一「ユレダス」の運用と脱線防止システムの導入
一二 東海道新幹線の広報と営業宣伝
一三 複合立体都市〜名古屋セントラルタワーズ

第六部 財務の改善と完全民営化
一 過大な債務負担・利子支払の克服
二 間一髪で間に合った清算事業団債務処理
三 ついに完全民営化を達成

第七部 未来への布石
一 超電導磁気浮上リニア技術の完成まで
二 自己負担によるリニア中央新幹線建設を決断
三 経済活性化新戦略とリニア中央新幹線

第八部 東海道新幹線システムの海外展開
一 車両と軌道が垂直統合された東海道新幹線システム
二 台湾高速鉄道から得た教訓
三 米国への新幹線とリニアの展開
四 米国北東回廊MAGLEV計画
五 東海道新幹線五〇周年と国際高速鉄道協会(IHRA)の発足

おわりに

年表

 

 

飛躍への挑戦 東海道新幹線から超電導リニアへ

飛躍への挑戦 東海道新幹線から超電導リニアへ

 

 

【今日から貴方も説明上手!】浅田すぐる『「いまの説明、わかりやすいね!」と言われるコツ』

「いまの説明、わかりやすいね! 」と言われるコツ

 

僕は浅田すぐるさんが大好きです。名古屋で講演していただいたときに、お話を聞かせていただいて大変な衝撃を受けて友達になっていただきました。今でもアイデア出しするときには、必ず「浅田メソッド」を使って、ない知恵を絞り出しております。

 

そんな彼の3冊目の本を紹介します。

 

『「いまの説明、わかりやすいね!」と言われるコツ』です。

 

 著書累計20万部突破、“思考整理の超プロ"が明かす
誰でもたちまち「説明上手」になれる画期的なメソッド! 


「一生懸命説明したのに、わかってもらえない……」
「『で、結局どういうこと?』と聞き返されてしまう……」
「自分の言いたいことがうまくまとまらない……」

そんな経験、ありませんか?
こうした悩みを一挙に解決する“ヒミツ"を明かすのが本書です。

シリーズ20万部突破のベストセラー
『トヨタで学んだ「紙1枚! 」にまとめる技術』の著者であり、
「思考整理」「コミュニケーション」「わかりやすい説明」をテーマに
これまで5000人以上に“目からウロコ"の指導を行ってきた浅田氏が、
自らの集大成ともいえる説明スキルアップの秘訣を大公開。

「あれもこれも……」とポイントを詰め込むあまり
かえってわかりにくくなりがちなビジネスコミュニケーションについて
「あれ」と「これ」と「それ」――すなわち「3つのポイント」に絞ることで
わかりやすさを飛躍的に高めるコツをアドバイスします。

巻頭には、全体像がひと目で分かる
オールカラー「1枚」折り込み付き! 
「わかりやすさ」にとことんこだわった構成とつくりで、
「説明下手」に悩む日々からの卒業をお約束します。

 

【目次より】


PART1 なぜ、うまく説明できないのか?
●理由その1 「動作」にできていないから
●理由その2 「数」を増やしすぎるから
●理由その3 「すべてカバー」しようとするから

PART2 「わかりやすい説明」の条件とは?
●ポイントその1 数を「3つ」に絞ること
●ポイントその2 「構造」にはめること
●ポイントその3 「動作」で伝えること

PART3 どうすれば、説明上手になれるのか?
●方法その1 「3つの視点」で「情報を整理する」
●方法その2 「3つの構造」で「考えをまとめる」
●方法その3 「3つの動作」で「伝える」

 

 

「いまの説明、わかりやすいね! 」と言われるコツ

「いまの説明、わかりやすいね! 」と言われるコツ

 

 

浅田さんの本は絶対ハズレなしです!お勧めします(^_^)v

 

 

合わせて読みたい僕の読書ブログ。

 

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

 

【面白エッセイ】僕の中にもこういうのいる!星野源『働く男』

f:id:fumihiro1192:20170409100055j:plain

 

ブログ友達の山内さんに紹介していただいた本が面白かった。星野源『働く人』だ。音楽家、俳優、文筆業と様々な顔をもつ彼の、働き方を自分で見つめた風変わりな本だがとっても面白い!こういう本は読んでいて血肉になっていくような気がするよね。

 

僕自身、天然で、おっちょこちょいで、感情の起伏が大きいので仕事には向いていないということは重々承知しているのです。でも、ついつい頑張ってしまうんですよね。そして、やっぱり成果が出ない運命に・・・当たり前でしょ。

 

そういう世の中の切ない男、全てにエールを送るような素敵な本です。

 

 

働く男 (文春文庫)

働く男 (文春文庫)

 

 

 

働きすぎのあなたへ。働かなさすぎのあなたへ。

音楽家、俳優、文筆家とさまざまな顔を持つ星野源が、過剰に働いていた時期の自らの仕事を解説した一冊。映画連載エッセイ、自作曲解説、手書きコード付き歌詞、出演作の裏側ほか、「ものづくり=仕事」への想いをぶちまける。

文庫化にあたり、「働く」ことについて現在の気持ちをつづった書き下ろしのまえがき、芥川賞作家となったピース・又吉直樹との「働く男」同士対談を特別収録。

 

ぜひぜひ、お楽しみください。

 

f:id:fumihiro1192:20170409100058j:plain

 

合わせて読んでいただきたい僕の文房具ブログ。

 

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

 

【話題の本を紹介します】パム・グラウド『「感謝」で思考は現実になる』

「感謝」で思考は現実になる

 

僕は人生の岐路に立った時に「読書」で決断してきたように思います。

 

ピンチは継続的にやってくるのですが、その度に読んでいる本に良いことが書いてあるんです。「おお!こうやって行けばいいのか!」とヒントをもらって生きてきました。これからもそのスタイルは変わらないと思います。この本は僕に何を教えてくれるんでしょうか?とっても楽しみです。

 

現在、名古屋の有名書店でかなりの売れ行きとのこと。みんなちゃんとリサーチしていますね。ちょっと驚きました。お勧めしますので、ぜひ読んでみてくださいね。

 

どんなことが起こっても「良かった」という人いますよね。

 

「勉強になって良かった」「このくらいで済んで良かった」とか、ちょっと前向きすぎない?というような発言をする人です。そういう人たちって、大抵幸せそうです。この本は、その秘密を教えてくれるんですよ(*^_^*)v

 

 

『「感謝」で思考は現実になる』内容紹介。

 

シリーズ35万部突破! 
『こうして、思考は現実になる』の著者、パム・グラウトが
ついに「正しい感謝の方法」を解き明かした! 

「思考」の大切さは知っているというみなさん、
今度は「感謝」のものすごいパワーを知るときです。

本書では、4週間で「願望実現体質」になるための
20のゲームを収録しています。
誰でも簡単にできる驚きの方法を、すぐにためしてみてください! 

 

著者さんの紹介:パム・グラウト

 

魔法のフロンティアの探検家。ゾンビ映画にエキストラで出演し、カントリー・アンド・ウェスタンの曲を作り、テレビシリーズの脚本を書き、マサイの戦士、トルコのスルタン、エクアドルの太陽神インティと親交がある。職業はライター(本人は人々がなぜ他人の職業をいちばんに知りたがるのか疑問に思っている)。これまでに出した本は、世界的ベストセラー『こうして、思考は現実になる』(小社刊)をはじめ、18冊になる。また、「CNNトラベル」「ハフィントンポスト」「メンズ・ジャーナル」誌、「ピープル」誌などにも記事を書いている。

桜田直美(さくらだ・なおみ)
翻訳家。早稲田大学第一文学部卒。訳書に『こうして、思考は現実になる』『こうして、思考は現実になる(2)』(ともに小社刊)、『より少ない生き方』(かんき出版)、『生きるために大切なこと』(方丈社)、『10% HAPPIER』(大和書房)などがある。

 

「感謝」で思考は現実になる

「感謝」で思考は現実になる

  • 作者: パム・グラウト,桜田直美
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2017/03/07
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

合わせて読んでいただきたい僕の読書ブログ。

 

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

fumihiro1192.hateblo.jp

 

最後までお読みいただき、ありがとうございます!